【滋賀】日吉大社から比叡山延暦寺に上った話 その3 (比叡山延暦寺後篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約3分で読めます。

毎週のように見ている NHK のテレビ番組に「鶴瓶の家族に乾杯」があります。

以前その番組の中で、俳優の佐藤健(さとう たける)さんが、滋賀県の日吉大社の近くからケーブルカーに乗って、比叡山延暦寺(ひえいざん えんりゃくじ)まで行ってました。

ということで、同じルートをたどっています。

ケーブルカー

ケーブルカーで比叡山に上り、広い境内にある建物を巡っています。

【滋賀】日吉大社から比叡山延暦寺に上った話 その1 (日吉大社と神猿篇)
毎週のように見ているテレビ番組に、NHK の「鶴瓶の家族に乾杯」があります。以前、俳優の佐藤健(さとう たける)さんが出演されていたときに、比叡山延暦寺の阿闍梨(あじゃり)という位の方に会いに行ってました。ただ阿闍梨には、そう滅多に会えるものではありません。ボクは同じようなルートを...
スポンサーリンク

鐘の音が鳴り響く大講堂への道

根本中堂から文殊堂と大黒堂を回ってふたたび、根本中堂へと続く幅広の坂道の上まで戻ってきました。

前方に石段が見えましたが、大混雑していましたので、舗装路を登っていきました。

鐘つき堂

途中、石垣の上に見える朱塗りの鐘つき堂から、頻繁に鐘の音が聞こえてきます。

先ほどの石段の大混雑ぶりは、鐘つき堂で鐘をついたり見たりした人が、流れでそのまま下りてくるからのようです。

あまり上手でない鐘の音を聞きながら歩いていると、大講堂に着きました。

大講堂やら戒壇院の外観を見ながら

その日は、大講堂が閉じていましたので、中に入ることが出来ません。

仕方がないので、大講堂の外観を眺めたり、付近の説明書きを読んだりしましたが、すぐに読み終わってしまいました。

さらに坂道を登っていくと、道の右側に戒壇院への石段が現れました。

正式なお坊さんや尼さんになるためには、仏道の師から戒律を授かる必要があります。
戒壇院とは、その戒律を師から授かるためのお寺です。

階段を上がってみましたが、戒壇院の外観しか見られないので、すぐに下りてきてしまいました。

渡り廊下のついた阿弥陀堂

さて分かれ道で左の道を進み、次は幅広の石の大階段を上がっていきました。

阿弥陀如来

階段を上がりきると、正面に阿弥陀(あみだ)堂、左に法華総持院 東塔が現れます。
建物の様式こそ違いますが、どちらも朱塗りの大きな建物です。

建物の裏手に回ると、それぞれの建物が 1階 2階それぞれ渡り廊下でつながっています。
昔からこのような構造だったとしたら、よく考えられていますね。

走るお坊さん

建物の 2階から別の建物の 2階に移動するとき、一度 1階に下りなくても済みますので大変便利で、時間の節約にもなります。

開運の鐘(世界平和の鐘)1つき50円なり

鐘つき堂

さて、これ以上奥に行くと帰りが大変なので、もう戻ることにします。

来た道を歩いて大講堂まで下り坂を戻ってくると、朱塗りの鐘つき堂が見えました。
行きは鐘つき堂を迂回したので、帰りは近づいてみます。

50円硬貨

鐘には「開運の鐘(別名、世界平和の鐘)」という名前が付けられています。
鐘をつくには 1回あたり冥加料 50円が必要のようで、賽銭箱が真ん前に置いてあります。

なお開運を願う人が多いのか、長い行列が出来ていましたので、鐘をつくのは諦めました。
たくさんの人が鐘をつくので、世界平和のご利益がもっとあるといいのですがね。

あとがき

むかし京都の銀閣寺のあたりから、滋賀の近江神宮のあたりへ山中越(やまなかごえ)をしたときに、たまたま比叡山ドライブウェイの入り口を見つけました。

そのときは突然入り口が現れたので、ビックリして入りそびれてしまいました。

また別の日、大原から高野川に沿って京都市街地に向かう途中、思いついて叡山ケーブル乗り場に行ってみましたが、運休中で乗りそびれました。

お寺

比叡山を登るルートはいくつかありますが、今回ようやく延暦寺に行けました。今度は、根本中堂の修理が終わった頃に、坂本ケーブルに乗って行きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました