【岐阜】岐阜市の洞山と西山へ岩戸森林公園から その1 (駐車場から洞山へ篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約3分で読めます。

岐阜県岐阜市(ぎふし)の金華山の東側には、洞山(ほらやま)と西山(にしやま)があります。
どちらの山も金華山から尾根続きになっており、何だか気になります。

ということで、洞山西山に登ってきました。
はじめは洞山を横断するつもりだったのですが、予定を変更して西山経由で一周しています。

金華山・洞山・西山周辺地図
金華山・洞山・西山周辺地図

バス停「岩戸公園前」跡の駐車場へ

まず最初は、岩戸森林公園の手前にある駐車場へ向かいました。
岐阜東バイパス高架下にある交差点「東栄町5」で北へ入って、すぐの二股で金華山ドライブウェイの方へ。

高架脇からそのまま住宅街の中へ入り、対向車に注意しながら、曲がりくねった道を登っていきました。
程なく、右(東)側に駐車場の入り口が現れます。

バス停「岩戸公園前」跡の駐車場
バス停「岩戸公園前」跡の駐車場

この無料駐車場は、かつて岐阜バスのバス回転場だったところのようです。
バス路線の廃止とともにバス停「岩戸公園前」もなくなり、一般人に開放されています。

鷹巣山・洞山登り口から名もなき峠へ

さて駐車場からは、駐車場の東側を流れる川を渡って、川沿いの道を南へ歩いていきました。
墓地の前を通り過ぎると程なく、「イノシシに注意」の立て札がある、鷹巣山洞山登り口に着きます。

登り口からは、幅広で緩やかなつづら折りの坂道を登っていきました。
登るにつれてあたりは岩だらけになっていき、切通しの施された名もなき峠に差し掛かります。

名もなき峠で山道は三方に分かれていました。
設置されていた案内板にしたがって、洞山頂上へと続く丸太階段を登っていきます。

洞山頂上への道

まずはじめは、尾根筋からすこし下がった、なだらかな山道を歩いていきました。
処どころにちょっとした岩場がありますが、大したことはありません。

ところがしばらくして洞山の尾根筋に出ると、至るところに岩が露出するようになりました。
次第に登山道は急勾配になっていき、石も転がるようになります。

岐阜城の金華山と雪の能郷白山
岐阜城の金華山と雪の能郷白山

ちなみに洞山を登っていると、至るところから金華山頂上にそびえる岐阜城が見えました。
ある程度の高さまで登ると、雪を頂いた能郷白山まで見えるようになります。

洞山頂上で予定を変更して

さてさらに岩場を登っていくと、ようやく洞山頂上にたどり着きました。
山頂の回廊を時計回りに進んだところには、洞山の山名版や三角点もあります。

その近くには、案内板と登山道を簡易的に書き表した案内図もありました。
案内図によると、このまま洞山を東へ歩いていけば、権現山やふもとの白山神社まで行けるそうです。

農地を荒らすイノシシ

ただ権現山まで行ってしまうと、帰り道があまり面白そうではありません。
洞山の北側にある、まだ歩いたことのない西山を経由して、帰ることにしました。

つぎは洞山を下山して西山を登ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました