【岐阜】岐阜市の洞山と西山へ岩戸森林公園から その3 (西山から妙見峠を越えて篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約3分で読めます。

岐阜県岐阜市(ぎふし)の金華山の東側には、洞山(ほらやま)と西山(にしやま)があります。
どちらの山も金華山から尾根続きになっており、何だか気になります。

ということで、洞山西山に登ってきました。
はじめは洞山を横断するつもりだったのですが、予定を変更して西山経由で一周しています。

金華山・洞山・西山周辺地図
金華山・洞山・西山周辺地図

洞山頂上から、北側へ下山して、西山頂上まで登ってきました。

西山から金華山方面へ

さて西山頂上からは、岐阜城のある金華山方面へ歩いていきました。
歩き始めるとすぐに、小石の転がる急勾配の下り坂がありますが、あとはなだらかな尾根筋が続きます。

途中の見晴らしの良い場所からは、ふもとを流れる長良川が見えました。
たまに地面から岩が露出していることもあるので、足元に注意しながら歩いていきます。

大釜登山道の下り口を過ぎると、すぐに案内板の立てられた分岐点に着きました。
もう岐阜城まで登る元気はないので、大参道ハイキングコースを通って岩戸森林公園まで戻ることにします。

大参道ハイキングコースを下って

大参道ハイキングコースに入ると、緩やかな坂道をひたすら下っていきました。
コースとそれ以外のところを区別するため、境界線上には処どころ丸太が設置されています。

その境界線上の丸太は、道を間違えやすそうな十字路にも設置されていました。
ともすればまっすぐ進んでしまいそうな道ですが、丸太と案内板のお陰でコースを外れないで済みます。

ということで最後にすこし登ると、達目ハイキングコースに合流できました。
さらにあともう少しで、妙見峠を越えられそうです。

妙見峠を越えて

さて達目ハイキングコースに合流したら、さらに丸太階段を登っていきました。
妙見峠らしき鞍部がすぐそこに見えているのですが、気が焦るばかりでなかなか着けません。

最後の力を振り絞って登っていくと、何とか妙見峠にたどり着きました。
あとは岩戸森林公園まで下っていくだけです。

東坂ハイキングコースを選んで下っていくと、あっさりと金華山ドライブウェイに出られました。
岩戸森林公園の中を通れば、安全に駐車場まで歩いていけます。

あとがき

洞山西山岐阜城のある金華山に連なっているので、すこし期待していたのですけどね。
特に砦跡のような遺構は見つけられませんでした。

遭難した男性

なお洞山から北側へ直接下るのは、道など無いも同然なので、まったくオススメできません。
送電鉄塔の順回路を通った方が、遠回りですが、よっぽど早いし安全だと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました