【岐阜】揖斐川町の揖斐城跡へ三輪神社から その2 (城台山公園と一心寺と白山神社篇)

森の中を歩く二人 神社仏閣めぐり
この記事は約3分で読めます。

岐阜県揖斐郡揖斐川町(いびぐん いびがわちょう)には、城台山(じょうだいさん)があります。
城台山公園として整備されており、山頂には揖斐城跡があるそうです。

ということで、ふもとの三輪神社から城台山に登って、揖斐城跡を訪れてきました。
尾根続きに城ヶ峰があったので、ついでに足を伸ばしています。

三輪神社の駐車場から、拝殿へお参りしたあとは、祠を巡りながら境内を周って、松林寺心字池まで来ました。

スポンサーリンク

城台山公園の入り口から

ということで三輪神社松林寺の間にある登り口から、城台山公園を歩き始めました。
城台山公園案内図によると、他にもいくつか登り口があるようです。

普通に丸太階段を登るのも面白くないので、すぐに旧登山道だと思われる急勾配の脇道に入りました。
高台の上まで登ると、萌芽更新して幹が分かれてしまったブナの大木があります。

その奥は広い平坦地が二段になっており、段差の境界は左右がくびれていました。
たぶんこの場所は揖斐城曲輪跡で、そこに造られた堀切跡だと思われます。

城台公園からの眺め

続いては、城台山公園のデコボコした急斜面を登っていきました。
デコボコを登り切ると、真っ白な城台観世音菩薩像と石垣の上のあずま屋が見えてきます。

城台山公園の金刀比羅神社
城台山公園の金刀比羅神社

ということで城台山公園に着きました。
そもそもは金刀比羅神社の境内だったのでしょうか、立派な社殿が建てられています。

あずま屋からは、すこし山で隠されていますが、濃尾平野の雄大な景色が見渡せました。
右の方に見える池田山が、霞(かす)んでいますが大きくて迫力があります。

一心寺を通り抜けて

さらに尾根筋を登っていくと、森の中に浄土宗の播隆院一心寺が現れました。
かつては朱色に美しく塗られていたのでしょうが、鐘つき堂も本堂も処どころ色がはがれています。

西美濃第七番霊場なのですが、御朱印は別のお寺でもらうよう、本堂正面に案内がありました。
現在は無住職のお寺のようで、人気(ひとけ)がまったくありません。

一心寺本堂の手前で左側に曲がると、植え込みの間を奥へ道が続いていました。
揖斐城跡までは、残すところ 450メートルのようです。

白山神社を経由して

一心寺からはしばらく、ゆるやかな上り坂が続きました。
途中には極楽寺登り口へと下っていく、急勾配の分かれ道もあります。

長い丸太階段を登っていく途中には、白山神社への登り口がありました。
揖斐城跡までひたすら遊歩道を登っていくのも、すこし味気なく感じていたところです。

落ち葉で滑りやすくなった横がけ道を登っていくと、石垣の上に祠(ほこら)が祀(まつ)られていました。
何も書かれていませんが、きっと白山神社なのでしょう。

さらに城台山を登っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました