【岐阜】揖斐川町の揖斐城跡へ三輪神社から その3 (井戸と南の丸と本丸篇)

城郭めぐり
この記事は約3分で読めます。

岐阜県揖斐郡揖斐川町(いびぐん いびがわちょう)には、城台山(じょうだいさん)があります。
城台山公園として整備されており、山頂には揖斐城跡があるそうです。

ということで、ふもとの三輪神社から城台山に登って、揖斐城跡を訪れてきました。
尾根続きに城ヶ峰があったので、ついでに足を伸ばしています。

城台山公園案内図
城台山公園案内図

城台山公園入り口から、山を登り始めて、金刀比羅神社播隆院一心寺白山神社を順番に巡っていきました。

スポンサーリンク

揖斐城跡の井戸へ寄り道

さて白山神社から茂みを通り抜けてくると、難なく散策道に出ました。
井戸への分かれ道があったので、揖斐城跡へ行く前に立ち寄っておくことにします。

井戸への道すがら谷側をのぞき込むと、帯曲輪(おびぐるわ)がいくつも見えました。
しばらく歩いていくと、向こうの方に黒い穴が見えてきます。

揖斐城跡の井戸
揖斐城跡の井戸

近づいてみると黒っぽく見えたのは、揖斐城の井戸だったと考えられている池でした。
城台山に染み込んだ水が、岩盤のひび割れたすき間を通って、今もここに滲み出しているようです。

さらに進むと、本丸跡を通り過ぎて、三の丸跡と出丸跡の間に出ます。

段々畑状になった、南の丸跡

さてふたたび井戸への分岐点まで戻ってきたら、今度は城跡へ向かって登り始めました。
曲輪跡が 3つ連なっており、それらの間の段差には丸太階段が設置されています。

ということで、本丸跡の南側に位置する南の丸跡に着きました。
正面に見えるのが本丸跡の切岸で、左右両側には本丸跡へと登っていく道が見えます。

左側の丸太階段を見に行くと、すぐ横に歴史民俗資料館へと下っていく分かれ道がありました。
ただ丸太階段の道は整地されているため、イマイチ面白みがありません。

だだっ広い、揖斐城本丸跡

南の丸跡右側から始まる山道を通って、本丸跡まで登っていきました。
本丸跡はかなり広いので、城主のための大きなお屋敷が、建てられていたと思われます。

本丸跡の真ん中あたりまで行くと、「史蹟 揖斐城阯」と刻まれた標柱が立てられていました。
揖斐城はかつて土岐一族の居城でしたが、斎藤道三に攻め落とされてしまいます。

ピクニックする家族

近くの展望所からは、向かい側の権現山がよく見えました。
ベンチが置かれているので、景色を見ながら昼食を摂ったりするのに良さそうです。

桝形虎口跡と竪堀跡

さて本丸跡を北の方へ進むと、桝形虎口跡(ますがた こぐちあと)がありました。
長年の風雨にさらされたためか、城が壊されたためか、ちょっと判りにくくなっています。

桝形虎口跡の端から下をのぞき込むと、尾根が大きく削られていました。
堀切跡かと思ったのですが、近くまで下りてみると、竪堀跡だと書かれています。

念のため竪堀跡の中に下りて、斜面側を見に行ってみました。
踏み跡がいくつも残されていますが、薄っすらと竪堀跡が下の方へ伸びているのが見えます。

さらに揖斐城跡を歩いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました