【岐阜】揖斐川町の揖斐城跡へ三輪神社から その4 (大手門跡と出丸と搦手跡篇)

城郭めぐり
この記事は約3分で読めます。

岐阜県揖斐郡揖斐川町(いびぐん いびがわちょう)には、城台山(じょうだいさん)があります。
城台山公園として整備されており、山頂には揖斐城跡があるそうです。

ということで、ふもとの三輪神社から城台山に登って、揖斐城跡を訪れてきました。
尾根続きに城ヶ峰があったので、ついでに足を伸ばしています。

揖斐城址平面図
揖斐城址平面図

揖斐城跡の井戸へ寄り道したあとは、南の丸跡から本丸跡へ登って、桝形虎口跡竪堀跡を見て歩きました。

スポンサーリンク

二の丸跡から大手門跡、三の丸跡へ

さて竪堀跡から幅広の曲輪跡を歩いていくと、二の丸跡に着きました。
真ん中あたりにはツバキの木が植えられており、ちょうど花を咲かせています。

大手門跡

かつて二の丸門があったあたりから、曲輪群を順番に下っていくと、大手門跡に着きました。
揖斐城の表門にあたり、ふもとの桂地区はかつて城下町として栄えたそうです。

大手道はヤブになっていたので、通れませんでした。

ピクニックする家族
揖斐城三の丸跡
三の丸跡

次の三の丸跡まで来ると、柵のそばにベンチが置かれていました。
樹木が茂っているため見晴らしは良くありませんが、木陰で休憩するにはもってこいの場所です。

出丸跡へ寄り道

三の丸跡を過ぎると、道が二手に分かれていました。
まずは昔ながらの坂道を登っていき、高台に築かれた出丸跡を見に行きます。

出丸跡(太鼓曲輪)

出丸は揖斐城の第2の拠点として、本丸から離れた場所に造られた砦(とりで)です。
大手門を通って本丸に攻め入った敵兵を、背後から挟み撃ちにするのでしょう。

出丸跡の一段高くなった場所には、太鼓櫓が建てられていたと考えられています。

出丸跡からの眺め
出丸跡から

出丸跡は見晴らしがよくて、はるか遠くに池田山を望めました。
ちなみにふもとを流れているのは、木曽三川の一つである揖斐川です。

切通を通って北の丸跡

さて出丸跡から分岐点まで下りたら、今度は切通跡を歩いていきました。
山の斜面を切り開いて造られた通路で、普段はお城の中を往来するために使われていたようです。

岩石

戦(いくさ)になると、出丸の上から石を落としたりして敵兵を攻撃しました。
敵兵が簡単に逃げては困るので、かつては切通の底がもっと深くて、通り抜けが大変だったと思われます。

揖斐城北の丸跡
揖斐城北の丸跡

切通跡を通り抜けると、北の丸跡がありました。
北の丸と出丸の間には堀切があったようですが、すっかり埋まって跡形もありません。

堀切を通って搦手跡

北の丸跡からは、なだらかな堀切跡を一旦下りてまた登っていきました。
かつてはもっと堀切の底が深かったのでしょうが、歩きやすいように尾根が造成されたようです。

ということで、揖斐城の裏門にあたる搦手跡(からめて あと)に着きました。
戦(いくさ)で負けそうになると、ここから大将が逃げていくそうです。

搦手跡から長い丸太階段を下っていくと、大きな堀切跡がありました。
揖斐城の搦手側は、堀切をいくつも造って守りを固めていたようです。

つぎは城ヶ峰へ歩いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました