【滋賀】井伊家ゆかりの寺社と佐和山に行った話 その1 (龍潭寺の外篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約3分で読めます。

龍潭寺(りょうたんじ)といえば、浜松市の井伊谷(いいのや)にある井伊(いい)家の菩提寺です。
大河ドラマ「おんな城主 直虎(なおとら)」の中でも、再三にわたり出てきました。

そんな龍潭寺ですが、実は滋賀県の彦根市(ひこねし)にもあります。
もちろん、井伊家ゆかりのお寺です。

西暦1600年の関ヶ原の戦いのあと、井伊家が近江国佐和山に18万石を与えられました。
そのときに、故郷の井伊谷にある龍潭寺を分寺して、建てたお寺が彦根の龍潭寺です。

スポンサーリンク

龍潭寺の前の駐車場に

龍潭寺の看板
龍潭寺の看板

弘徳山龍潭寺(りょうたんじ)は、滋賀県彦根市古沢町(ひこねし ふるさわちょう)にあるお寺です。

国道8号線からは、交差点「古沢町」で北西に曲がり、跨線橋をわたったあとで、彦根警察署の西にある交差点「船町東」を北に右折します。

つぎは案内標識にしたがって、丁字路を東に右折して踏み切りをわたります。
すぐさま北に左折してしばらく進むと、左側に大きめの駐車場があります。

井伊家ゆかりの寺社が建ち並びます

この付近には、井伊家ゆかりの寺社がいくつもあります。
北から大洞弁財天(長寿院)、井伊神社、弘徳山龍潭寺、祥寿山清凉寺とあります。

山

また、石田三成の居城があった佐和山もあります。

五輪塔

ちなみに、彦根での井伊家の菩提寺は、祥寿山清凉寺(せいりょうじ)です。

ちょっと寂れた感じの井伊神社

井伊神社の鳥居
井伊神社の鳥居

まずは、井伊神社(いいじんじゃ)の入口へ。
ちょっと寂れた感じだったので、最初は入っていくのを躊躇(ためら)いました。
しかし、奥まで行ってみることにしました。

井伊神社の金網で覆われた拝殿
井伊神社の金網で覆われた拝殿(奥には、相の間と本殿があります)

一番奥まで行くと、拝殿がありました。
その奥には、相の間(あいのま)と本殿があるようです。

ただ、建物全体が金網と波板で囲われています。
近づくことはできませんが、一応建物の外観を見られはしました。

なんでも、建物の損傷がひどいため、建物を保護しているようです。

井伊神社のしだれ桜
井伊神社のしだれ桜

ちなみにすぐ左側には、しだれ桜が満開でした。
こんなにきれいに咲いているのに、ひとは誰もいませんでした。

龍潭寺は佐和山城への登山口でもあります

龍潭寺拝観入口
龍潭寺拝観入口

つぎは、弘徳山龍潭寺(りょうたんじ)へ。
「龍潭寺拝観入口」と書かれた門から入りました。

龍潭寺の山門
龍潭寺の山門

しばらく歩いて階段を上がったところに、ようやく古びた山門がありました。

龍潭寺の庭の道
左は龍潭寺本堂入口へ、右は佐和山城跡へ

古びた山門をくぐり戸から入ると庭があり、道が二手に別れていました。
まっすぐ行くと、佐和山に登れるようです。

龍潭寺の本堂入口
龍潭寺の本堂入口

しかしまずは、龍潭寺を拝観するため、左へ曲がりました。

次回は、龍潭寺の中を拝観します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました