【マニュアル】アイフォンのユーザガイドは、「ブック」アプリで読めました

スマートフォン
この記事は約4分で読めます。

今年(2020年)に入ってようやく、ガラケーからスマートフォンの iPhone に機種変更しました。

Apple(アップル)社の iPhone(アイフォン)には「マニュアルが存在しない」と聞いていたので、書店で「iPhone 迷わず使える操作ガイド」という書籍を購入して勉強中です。

その本の最初には、まずやらなければならない設定などが書いてあったので、大いに助かりました。

スマホを操作する男性

ところが iPhone を触っていたら、電子媒体のユーザガイドを見付けてしまいました。
書籍では紙面の都合で書き切れないことも、電子書籍ならいろいろと詳しく書かれていそうです。

新しい情報が手に入らないかと思って、読み進めることにしました。

スポンサーリンク

ホーム画面を眺めていたら

iPhone のヒントアプリ

iPhone のホーム画面を眺めていたら、「ヒント」アプリなるものを見つけました。
iPhone を操作する上で、ヒントになることが書かれていそうです。

早速「ヒント」アプリのアイコンをタップしてみると、「コレクション」画面が開きました。

コレクション画面には、4つのヒントが

コレクション画面

開かれた「コレクション」画面には、iOS 13 の新機能のほか、基本機能GeniusピックSiri(シリ) の 4つのヒントが並んでいました。

シリと聞くと、シリ・アップルビーというアメリカの女優さんを思い出します。
米テレビドラマ「ロズウェル-星の恋人たち」で主役の「リズ」を務めていました。

ただボクの場合、iOS 自体が初めてなので、いきなり iOS 13 の新機能だけ教えられてもよく判りません。
まずは基本機能を見ることにして、画面をタップしました。

基本機能を順番に見ていくと

基本機能のヒントは、全部で 9ページです。
最初のページから順番に読み進めていくと、最後で「iPhoneユーザガイド」が紹介されていました。

iPhoneについて知っておくべきことが、このガイドですべて分かります。

Apple Books(アップル・ブック)から、無料でダウンロード出来るとのこと。
さっそく「ブックストアに移動」をタップしました。

スクリーンショットの撮り方は、基本機能の 2ページ目で知りました。
さっそく利用しています。

iPhoneユーザガイドをダウンロード

ブックストアに移動すると、自動的に「iPhoneユーザガイド」の画面が表示されました。
すぐ下の「ダウンロード」ボタンをタップすると、ダウンロードが始まります。

一度ダウンロードが済んでいると、「ダウンロード」ボタンのアイコンがクラウドになります。
クラウドのバックアップからダウンロードすることで、サーバーの負荷を減らします。

さて「iPhoneユーザガイド」のダウンロードが終わると、ボタンの文字が「読む」に変わりました。
さっそく「読む」ボタンをタップしました。

iPhoneユーザガイドを読んでみる

ダウンロードした「iPhoneユーザガイド」でも、「ヒント」アプリのコレクションと同様に、ユーザにアピールしたい「iOS 13の新機能」から始まります。

全部で 1700ページほどですが、1ページあたりの文章量が少なく、それほど苦にはならないでしょう。

とりあえず読み始めましたが、易(やさ)しい文章で書かれているので、スラスラと読み進められます。
10数ページ読んで、続きは空いた時間にすこしずつ読みすすめることにしました。

ちなみに「ブック」アプリをタップすれば、前回の続きから読み進められます。

あとがき

iPhone にはマニュアルが無いと聞いたとき、「どういうこと?」と思いましたが、紙媒体のマニュアルが無いということだったようです。

マニュアル

紙媒体の分厚いマニュアルが付いてきたとしても、隅から隅まで読むのは一部の人だけです。
ボクも含めてほとんどの人は、他人(ひと)に聞いたりしながら、すこしずつ覚えていくのでしょう。

ペーパーレス化が叫ばれて久しい日本ですが、もしかするとApple社は率先してペーパーレス化のお手本を見せてくれているのかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました