【滋賀】近江八幡市の伊崎寺のついでに伊崎山へ その1 (駐車場から伊崎寺へ篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約3分で読めます。

滋賀県近江八幡市白王町(おうみはちまんし しらおうちょう)には、伊崎寺(いさきじ)があります。
ご本尊が不動明王であることから、伊崎不動尊などともよばれているようです。

天台宗修験道の三大聖地の一つであり、毎年 8月 1日の千日会には「棹飛び」行事も行われるのだとか。
また裏山の伊崎山は国有林になっており、ハイキングコースが整備されているようです。

ということで、伊崎寺にお参りしてきました。
そのあとは伊崎山をぐるっと周って、山頂にも登っています。

伊崎山周辺地図
伊崎山周辺地図

伊崎寺駐車場へ

まずは伊崎山のふもとにある、伊崎寺駐車場へ向かいました。
国道25号線脇に設置されている、伊崎不動尊の看板を目印に、湖岸沿いの旧道へ入っていきます。

伊崎不動尊への道
伊崎不動尊への道

旧道に入ったら、すぐにつぎの道案内があったので、北へ曲がりました。
道幅が車一台分しかないので、対向車に注意しながら進みます。

伊崎寺駐車場案内板
伊崎寺駐車場案内板

田園地帯の中を走っていくと、程なく伊崎寺駐車場に着きました。
ただ手前の駐車場は満車だったので、その奥にある第2駐車場へ停めることに。

長い伊崎寺参道を通って

さて駐車場から伊崎寺参道の入り口へ行くと、参拝者用に杖が何本も置かれていました。
もしかすると、山を登らなければならないのかも知れません。

ところが実際に参道を歩いてみるとほぼ平坦で、たまに緩やかに登ったり下ったりするくらいでした。
ただ結構道のりがあるので、参道の途中には休憩用ベンチが置かれています。

ということで、ようやく伊崎寺の入り口に着きました。
かつては僧坊でもあったのか、すこし手前の斜面には段々になった石垣があります。

伊崎寺本堂へお参り

坂道を下っていくと、伊崎寺の境内に入りました。
水辺へと下りていく石段がありますが、まずは庭の中を奥へ歩いていきます。

伊崎寺本堂
伊崎寺本堂

すると石段を登ったところに、伊崎寺本堂がありました。
伊崎寺は天台宗の寺院で、伝教大師最澄の開いた比叡山延暦寺の支院にあたります。

不動明王

千日回峰行を始めた相応和尚(そうおう かしょう)が開きました。
ご本尊は、相応和尚が彫った不動明王坐像です。

通称「棹飛堂」とよばれる護摩堂

伊崎寺本堂でお参りを済ませたら、案内板にしたがって棹飛堂(さおとびどう)へ向かいました。
道すがら木立の間から琵琶湖の湖面が見え、その向こうにうっすらと荒神山が見えます。

棹飛堂の回り縁に上がって琵琶湖を見ると、角張った棹が湖に向かって突き出ていました。
修験道の行者が修行として、棹の先端から水中に飛び込むのだそうです。

ただ現在、一般人は棹に近づけません。
遊び半分で棹に上がる人がいるらしく、事故防止のためフェンスを設置して、立入禁止になっていました。

つぎは伊崎寺山門に立ち寄ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました