【滋賀】近江八幡市の岩戸山十三仏から箕作山へ その2 (岩戸山新明神社と竪穴篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約4分で読めます。

以前、滋賀県の湖東地区にある太郎坊宮(たろうぼうぐう)へお参りしたときのことです。
ついでに箕作山(みつくりやま)に登ったら、至るところに「十三仏」への案内板が設置されていました。

気になったので、日にちを改めて岩戸山十三仏のふもとから、参道を登ってみました。
そのまま岩戸山頂上小脇城跡(おわき じょうせき)を経由して、箕作山まで歩いてきました。

【滋賀】近江八幡市の岩戸山十三仏から箕作山へ その1 (駐車場からあずま屋へ篇)
以前、滋賀県の湖東地区にある太郎坊宮(たろうぼうぐう)という神社にお参りしたとき、ついでに手水舎のところから箕作山(みつくりやま)の頂上まで登ってきました。 箕作山を歩いていたら、至るところに「十三仏」への案内板が設置されています。 気になったので、日にちを改めて岩戸山十三仏のふもとから参道...

まずは岩戸山十三仏のふもとに向かい、猪害防止柵の内側にある駐車場に自動車を停めたあとは、巨大な岩が点在する参道の石段を、岩戸山の中腹にあるあずま屋まで登ってきました。

スポンサーリンク

さらに長い石段を登って

岩戸山の中腹にあるあずま屋を出発すると、すぐに「四丁目」と刻まれた町石を見付けました。
この場所までの道すがらでは、まったく町石を見なかったので、たまにしか無いのかも知れません。

さらに長い石段を登っていくと、今度は「一丁目」の町石がありました。
目的地の岩戸山十三仏までは、あともう少しで到着しそうです。

石垣の手前の案内板

石垣の手前の案内板

程なく前方奥に巨大な石垣が現れて、その手前には箕作山への道筋を示す案内板が落ちていました。
箕作山へは、このまままっすぐ岩戸山十三仏まで行き、広場の中を通って右へ曲がっていくようです。

まずは岩戸山新明神社へ

石垣に沿って石段を登っていくと、平らな場所から巨大な岩が天に向かってそそり立っていました。
その岩の手前を道が右奥の方へ伸びていたので、歩いてみることに。

岩戸山神明

岩戸山神明

するとそこには、社殿こそありませんが、狛犬も鳥居もある立派な神社がありました。
その神社は「岩戸山新明神社」といい、後ろの巨岩の下にある小さな穴がご神体のようです。

なおこの道の先は行き止まりになっていたので、石段まで引き返しました。

ご神体の裏側にできた竪穴

石垣と巨岩の間の石垣

石垣と巨岩の間の石垣

石垣に沿って続く石段を、さらに登って行きました。
岩戸山神明神社のご神体上部の巨岩が、石段側に傾いているように見えるので、歩くのが恐ろしいです。

竪穴の前には立て札

竪穴の前には立て札

石段を登ったところには立て札があって、その後ろにはひとが入れそうな竪穴が空いていました。

立て札に書いてあった文字はすっかり消えてしまい、残念ながら何も読めません。
しかしこの竪穴には、何やら曰(いわ)くがありそうな雰囲気です。

重圧に苦しむ男性

竪穴の中をのぞき込んでみると、足が掛けられるような岩があるので、出入りはできそうです。
ただ周りには誰もいないので、もしものことを考えて、入ってみるのは止めました。

岩戸山十三仏からの景色

岩戸山十三仏の広場

岩戸山十三仏の広場

長かった石段もようやく終わり、岩戸山十三仏に着きました。
すこし前に見た箕作山への案内板では、広場になっていたのですが、なぜかそこには建物がありました。

とりあえず山からの景色を見るために、左の方へ歩いていきます。

空はすっかり曇っていて、遠くの方は霞んでいますが、それでも山の上から見る景色は良いですね。
普段山あいで暮らしているので、湖東平野の景色は格別です。

 

さらに岩戸山を登っていきます。

【滋賀】近江八幡市の岩戸山十三仏から箕作山へ その3 (磨崖仏はどこですか?篇)
以前、滋賀県の湖東地区にある太郎坊宮(たろうぼうぐう)へお参りしたときのことです。 ついでに箕作山(みつくりやま)に登ったら、至るところに「十三仏」への案内板が設置されていました。 気になったので、日にちを改めて岩戸山十三仏のふもとから、参道を登ってみました。 そのまま岩戸山頂上と小脇城跡...

コメント

タイトルとURLをコピーしました