【千葉】夏の終わりに銚子に行った話 その1 (銚子ポートタワーとウォッセ21篇)

その他 観光旅行
この記事は約3分で読めます。

以前、東京ディズニーランドで有名な千葉県浦安市(うらやすし)に住んでいたときのことです。
急に銚子電鉄を見たくなって、銚子(ちょうし)に出掛けることにしました。

地下鉄東西線に乗って浦安駅から西船橋駅まで行き、JR総武線に乗り換えて千葉駅へ。
つぎに千葉駅でJR総武線の銚子行きに乗り換えれば、2時間30分ほどで銚子駅に着きます。

スポンサーリンク

観光協会で民宿を予約

もちろん一泊するつもりでしたので、まずは銚子駅の観光協会で今夜の宿を予約します。

受付

銚子電鉄の終点、外川(とかわ)駅の近くの民宿ということでお願いしました。
すると、いろいろと電話で問い合わせてくれて、無事に一軒の民宿を予約できました。

当時はまだ、インターネットの予約システムなど無かった時代の話です。
さまざまな場所の駅前の観光協会には、何度もお世話になりました。

銚子駅を出発してまずは北へ

銚子電鉄にも、ご多分にもれず 1日乗車券があります。

今度は、銚子駅から銚子電鉄に乗って、沿線の観光地をめぐるという手もありました。
しかし、それだとちょっと普通なので、とりあえず市内を歩いてみることに。

まずは、銚子駅からまっすぐ北に歩いて、坂東太郎こと利根川を見に行きました。

水量の多い川

利根川も銚子まで来ると支流もかなり合流していて、川幅がとても広くなっています。
あまり利根川を見る機会がなかったので、防波堤?にもたれて、しばらく眺めていました。

あまり観光地的ではない沿岸を歩いて

さてそれでは、東の方へ向かって出発です。

魚のセリ

しばらく歩いていくと、銚子市漁協第一卸売市場の前を通り掛かりました。
たくさんの漁業関係者の方々で賑わっている風景を見ながら、道なりに北東へ。

倉庫

基本的には、漁業関係の会社や倉庫ばかりが建っているので、面白みはありませんでしたが、利根川や雄大な海の景色を見られました。

ひたすら海岸沿いの道を歩いていくと、銚子市漁協第三卸売市場のあたりで、斜め前方に水色の背の高い塔が見えてきました。

実はツイン構造の銚子ポートタワー

青空

その塔は、ツインタワー構造になっており、名前は「銚子ポートタワー」といいます。
塔が全面ガラス張りになっているので、空の青がそこに映って水色に見えていたのです。

大型漁船

エレベーターで上の展望室まで登ると、ぐるり360度の景色を見渡せ、広大な太平洋とそこに流れ込む利根川、そして眼下には銚子漁港の様子も見られるそうです。

ちばこうバス

アクセス方法として、銚子電鉄の最寄り駅から歩くのは、遠いのでおすすめできません。
自動車で行くか、または銚子駅から出ている路線バスに乗っていくか、になります。

新鮮なさかなを買ったり食べたりウォッセ21

銚子ポートタワーから道路をはさんで東側にある商業施設は「ウォッセ21」といいます。
タワーとの間に空中連絡橋も架かっていますので、楽に行き来できます。

さかな屋

水産物即売センターでは、目と鼻の先の銚子漁港で水揚げされた魚介類が、すぐ店頭に並びますので、この上なく新鮮です。

海鮮丼

またお食事処では、同じく新鮮な魚介類を使った海鮮料理を堪能でき、海沿いでよく見られる海鮮丼だけではなく、レストランでは洋食も提供されているそうです。

残念ながらスルー

歩く男性

ただそのときは、時間がなかったので、どちらも立ち寄るのを止めてしまいました。
銚子電鉄の終点の外川駅まで、歩いていくつもりでしたのでね。

まだまだ、海沿いの道を歩きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました