【滋賀】蒲生郡竜王町の鏡山(竜王山)を越えて その2 (星ヶ崎古墳と星ヶ崎城跡篇)

城郭めぐり
この記事は約3分で読めます。

滋賀県蒲生郡竜王町(がもうぐん りゅうおうちょう)には、鏡山(かがみやま)があります。
ふもとの道の駅竜王かがみの里には、以前から何度も訪れており、その度によく見上げていました。

竜王町観光協会のサイトを調べてみたら、道の駅鏡山登り口がある、と書かれているではないですか。
ということでさっそく次の日、鏡山に登ってきました。

西光寺跡・星ヶ崎城跡平面図
西光寺跡・星ヶ崎城跡平面図

道の駅「竜王かがみの里」に自動車を停めて、鏡山登り口から登り始め、西光寺跡を歩く途中で、赤宮八柱神社跡を見たり、石灯籠宝篋印塔を見たりしました。

スポンサーリンク

古墳と城跡を訪ねて、星ヶ峰へ

ということで、星ヶ崎古墳星ヶ崎城跡を探して、鏡山山系星ヶ峰を登っていきます。
登り始めは草むらでしたが、すぐに山肌がむき出しの急斜面になりました。

途中では、倒れたままになっている金毘羅大権現の石柱を見つけました。
西光寺跡石灯籠のように分解して運べないので、放置されているのかも知れません。

金毘羅大権現の石柱から程なく、分岐点に着きました。
左へ進めば星ヶ崎城跡に行けますが、右へ進めば旧中山道沿いの出町集落に下りられるようです。

星ヶ崎古墳は、どこですか?

分岐点から歩き始めると、すぐに古墳らしき土盛りを越えます。
人工的な雰囲気がしますし、一般的に古墳の近くには古墳があるので、間違いなさそうです。

さて緩やかな坂道を登ってくると、またもや分岐点に着きました。
左の道が星ヶ崎城跡方面だと思われますが、右の道が気になるので進んでみることに。

緩やかな坂道を登っていき、茂みを通り抜けるとそこは頂上で、道は直角に右(北東)へ曲がっていました。
かなりの急斜面なので登るのも下るのも大変そうなのですが、人の歩いた跡が残されています。

このとき知らずに登ったのが、星ヶ崎古墳のようです。

崩れかけた、星ヶ崎城跡の石垣

2つ目の分岐点から星ヶ崎城跡の方へ進むと、程なく茂みの向こうに城郭らしきものが見えてきました。
西光寺跡と似た解説板が設置されているので、星ヶ崎城跡のようです。

ただ右の方に石垣が見えたので、そちらを先に見に行くことにしました。
それは星ヶ崎城跡の主郭西側を固めるための石垣で、あまり高くはありません。

表面の石がゴッソリ抜け落ちている部分があるので、内側の石の様子を見られます。
ただ今にも崩れ落ちそうなので、早く補修したほうが良さそうです。

星ヶ崎城跡主郭からの景色

しばらく石垣を見たら、星ヶ崎城跡の上まで登ってきました。
左(北)側の木がまばらで、すき間から景色が見えそうなので、行ってみることに。

すると左手には琵琶湖長命寺山八幡山などが、右手には安土山繖山(きぬがさやま)などが見えました。
近隣の山やまに城を構える武将の動きが、判りやすかったのではないでしょうか。

中山道にもすぐ下りられるので、星ヶ崎城は好立地の場所だったと思われます。

さらに鏡山を登っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました