【滋賀】蒲生郡竜王町の鏡山から野洲市の立石山へ その3 (木の実のなる広場とみたらしの池篇)

森の中を歩く二人 名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

滋賀県蒲生郡竜王町(がもうぐん りゅうおうちょう)には、鏡山(かがみやま)があります。
以前、道の駅「竜王かがみの里」の駐車場の隅にある登山口から、登ってきました。

前回、鏡山を歩いてみて判ったのですが、他にもいくつか登山ルートがあるようです。
今回は、東から西へ鏡山を越えて立石山まで歩いてきました。

竜王町ふるさと歴史の森 ルートマップ
竜王町ふるさと歴史の森 ルートマップ

大沢池ルート登山口から、あえんぼ広場まで登ったあとは、台風で通行止めの旧登山道を避けて、大岩だらけの迂回路を通り抜け、こんめ岩まで来ました。

スポンサーリンク

ベンチがあるだけの、木の実のなる広場

さてこんめ岩から歩いて程なくの道端には、丸太ベンチが設置されていました。
近くの標柱によると、「木の実のなる広場」と名付けられているようです。

ただあたりに広場らしき場所は見当たりません。
もしかすると、丸太ベンチのある休憩場所のことを指しているのかも知れません。

ドングリ

一帯は針葉樹が植林されていますが、登山道のまわりにはブナやナラなどブナ科の木も生えています。
足元を見ると秋なので、ドングリがたくさん落ちていました。

竜王社に関連する建物跡か?

ということでさらに鏡山を登っていくと、てっぺんが平らになった岩がありました。
偶然あるのでしょうが、竜王社との境界を示しているようでもあります。

そこからすこし登ったところで雑木林の中を見ると、レンガのようにきれいに積まれた石垣が見えました。
近づいてみると、その上が広くなっているので、どうやら建物跡のようです。

板状節理で割れた火成岩を利用しているのだと思われます。

さらに登山道を登ったところには、段々になった石垣がありました。
鏡山頂上には竜王社があるので、もしかするとかつては、ゆかりの建物があったのかも知れません。

みたらしの池へちょっと寄り道

段々になった石垣群のそばには、みたらしの池への分岐点がありました。
どんなところなのか気になるので、しめ縄をくぐって見に行きます。

するとみたらしの池まではあまり遠くなくて、すぐに到着してしまいました。
ただあまり人が通らないのか、道がすこし雑然としています。

手水舎

さてみたらしの池は本来、手を清める場所なのですが、水の流れがほとんどありません。
淀んだ水で手を洗うのは何だか不安なので、そのまま来た道を戻りました。

垂直に立つ、高層ビルのような大岩

ということで分岐点まで戻って、今度は展望の広場の方へ向かいます。
坂道を登っていくと程なく、登山道の先に垂直に立っている岩が見えました。

高層ビルのような大岩

近づいてみると意外に大きくて、直方体に近い大きな岩が地面から突き出ていました。
火成岩がすこしずつ板状節理で割れていく途中らしく、中途半端に割れている箇所もあります。

もしかすると、まわりに落ちている岩は、割れ落ちたものかも知れません。
奇岩とよばれる岩に比べると地味ですが、自然界には面白い岩があるものです。

竜王山系の立石山古城山の桜本坊表坂で、同じように立っている岩を見ました。

鏡山は湖東カルデラを構成する山で、火成岩の斑岩が分布しています。

さらに鏡山を登っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました