【滋賀】蒲生郡竜王町の鏡山から野洲市の立石山へ その4 (竜王社から鏡山頂上へ篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約3分で読めます。

滋賀県蒲生郡竜王町(がもうぐん りゅうおうちょう)には、鏡山(かがみやま)があります。
以前、道の駅「竜王かがみの里」の駐車場の隅にある登山口から、登ってきました。

前回、鏡山を歩いてみて判ったのですが、他にもいくつか登山ルートがあるようです。
今回は、東から西へ鏡山を越えて立石山まで歩いてきました。

竜王町ふるさと歴史の森 ルートマップ
竜王町ふるさと歴史の森 ルートマップ

木の実のなる広場からさらに大谷池ルートを登って、石垣群を見たあとは、みたらしの池に寄り道して、高層ビルのような大岩の前まで来ました。

スポンサーリンク

二つの鳥居から続く参道を歩いて

ということで、さらに鏡山頂上を目指して登っていきました。
二つの鳥居をくぐりましたが、二つ目に貴船神社の扁額があるので、一つ目は竜王社のもののようです。

貴船神社の鳥居をくぐると、すぐに展望の広場竜王社の分かれ道になっていました。
どちらに進もうかと迷いましたが、まずは竜王社にお参りします。

どちらの道を進んでも結局、鏡山頂上に着きます。

参道を奥へ進むと谷側に拝殿があって、山側には上の方へと続く石段がありました。
石段の先には、大きな岩が見えます。

竜王社の巨大な磐座

石段を登っていくと、道が二手に分かれていたので、竜王社・貴船神社の方へ進みました。
緩やかな石段が敷かれていますが、地面がズレかけており、ちょっとデコボコしています。

幾重にも重なった巨岩
幾重にも重なった巨岩

見上げると、ゴツゴツとした巨大な磐座(いわくら)が、天に向かってそびえ立っていました。
周囲にしめ縄が巡らせてあるので、竜王社のご神体だと思われます。

巨大な岩の下には、貴船神社と思われる小さな祠が祀(まつ)ってありました。
歩いた跡があったので、そのまま大岩の下を通り抜けてしまいます。

立入禁止の展望の広場

斜面に転がる無数の大岩を見上げながら進んでいくと、すぐに別の道に出ました。
先ほどくぐった貴船神社の鳥居のところで分岐した、展望の広場へと続く道のようです。

立入禁止の展望の広場
立入禁止の展望の広場

そのまま登っていくと案の定、展望の広場に着きました。
ところが展望台の入り口にはトラロープが巻きつけられおり、地面には立入禁止の旗が落ちています。

仕方がないので、展望台からの景色は諦めて、山頂へ進むことにしました。

展望台自体はまだ朽ちていないように見えるので、もしかすると地面の問題なのかも知れません。

鏡山(竜王山)頂上で、ひと休み

さて鏡山頂上に向かって登り始めると、山頂がもうすぐらしく、近くから話し声が聞こえてきます。
丸太階段を登っていくと、目の前に「竜王山頂上」と書かれた立て札が現れました。

話し声の主たちは、挨拶を交わすと雲冠寺跡方面へ下山していったので、軽く昼食を摂ることに。
ちょうどベンチがあったので腰掛けて、栄養と水分を補給しました。

ピクニックで弁当を食べる家族

次に向かう立石山への道は、鏡山三角点山頂を越えたところから始まります。
案内板には示されていない、北へと続く道を歩いていきました。

次は立石山の方へ歩いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました