【滋賀】蒲生郡竜王町の鏡山から野洲市の立石山へ その5 (鏡山からやや産坂へ篇)

森の中を歩く二人 名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

滋賀県蒲生郡竜王町(がもうぐん りゅうおうちょう)には、鏡山(かがみやま)があります。
以前、道の駅「竜王かがみの里」の駐車場の隅にある登山口から、登ってきました。

前回、鏡山を歩いてみて判ったのですが、他にもいくつか登山ルートがあるようです。
今回は、東から西へ鏡山を越えて立石山まで歩いてきました。

竜王町ふるさと歴史の森 ルートマップ
竜王町ふるさと歴史の森 ルートマップ

二つの鳥居をくぐって、竜王社にお参りしたあとは、立入禁止の展望台の前を通って、鏡山(竜王山)頂上に登り、休憩しました。

スポンサーリンク

鏡山三角点山頂の下からの眺め

鏡山(竜王山)頂上からは、鏡山三角点山頂のある北の方へ歩いていきました。
到着を目前にして、左側に分かれ道があったので、行ってみることに。

すると案の定、鏡山三角点山頂南西側の一段降りたところに出ました。
下の方を見ると、見晴らしの良さそうな岩場が見えたので、斜面の道を下りていきます。

鏡山三角点山頂下からの眺め
鏡山三角点山頂下からの眺め、菩堤寺山

岩場から南西の方角を眺めると、広大な樹海の向こうに菩堤寺山が見えました。
前回、鏡山三角点山頂から眺めた景色と、あまり代わり映えはしません。

山頂分岐点から、城山方面へ

ということで、斜面の道を戻って大岩をよじ登り、鏡山三角点山頂にたどり着きました。
立石山に向かうため、ここからさらに北の方へ進みます。

すこし下るとすぐに、城山方面への分岐点がありました。
立石山城山へと続く尾根筋の途中にあるので、城山方面へ進むことに。

前回見たときは急勾配の下り坂に見えたのですが、実際に通ってみるとそれ程でもありません。
至るところに転がっている大岩を避けながら、坂道を下りていきました。

立石山への道

さて立石山へと続く道には、特にめぼしいものはないようです。
ときどき変わった岩や古墳のような場所を通りますが、特に案内はありませんでした。

道すがらいくつもの小山を越えていきますが、立石山は意外に遠くて、ぬか喜びをするばかり。
ピンク色のリボンがいくつもあるので、ようやく着いたのかと思ったら、野外活動センターへの目印でした。

途中の小山の上には、紛らわしい看板も設置されています。
何かの案内板かと思ったら、すっかり錆びていて、何なのかさえ判りませんでした。

やや産坂とのどの千軒

ということで、尾根筋と尾根越えの道が交差するに着きました。
尾根の北側の大篠原(おおささはら)と南側ののどの千軒跡を結んでいるようです。

日が暮れてから峠を越えるのは危ないので、峠の手前は宿場になることが多いです。
○○千軒とは、とても家が多いという意味で、すなわち集落が栄えたということになります。

解説板によると、大篠原へと続く坂道は「ややうみ坂」とよばれているそうです。
かつて大篠原の女性は薪を拾いに山へ登ったそうなので、途中で赤ん坊を産んだことがあったのでしょう。

ややとは、「ややこ」の略で赤ん坊、乳飲み子のこと。上方ことば。

小堤・大篠原自然環境保全治山案内図
小堤・大篠原自然環境保全治山案内図

ちなみにやや産坂を下りていくと、大篠原の森楽校にたどり着きます。
現在は民家がありませんが、川も流れているので、むかしは人が住んでいたのかも知れません。

さらに立石山の方へ歩いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました