【岐阜】各務原市の各務野自然遺産の森から大岩見晴台へ その3 (ふもとの森へ篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約3分で読めます。

岐阜県各務原市各務(かかみがはらし かかみ)には、各務野自然遺産の森があります。
自然環境を保全し、自然の素材を生かした公園として整備されているそうです。

ということで、各務野自然遺産の森を散策してきました。
登ったのは金山なのですが、大岩見晴台からの景色に満足したので、山頂まで行かずに下山しています。

各務野自然遺産の森周辺地図
各務野自然遺産の森周辺地図

健脚の道展望台から、小岩見晴台を経て、大岩見晴台まで来ました。

四ツ辻から南斜面へ

さて大岩見晴台から来た道を戻って、四ツ辻まで戻ってきました。
改めて見回してみると、あちらこちら無造作に案内板が設置されていて、目移りしてしまいます。

不動明王

左へ下っていくと、大岩不動迫間城跡があって、何だか面白そうなのですけどね。
遠回りになってしまうので、また別の機会に訪れることに。

ということで、登ってきたときとは別の道を下って、各務野自然遺産の森へ戻ることにしました。
途中の見晴らしの良い場所からは、近くに連なる登りやすそうな山やまが見えます。

分岐して合流して

各務野自然遺産の森へ下っていく途中には、カラフルな案内板のある分岐点がありました。
どちらへ進めば良いのかよく判りませんが、早く戻りたかったので芝生広場の方へ進むことに。

芝生広場と書かれているのは、多目的広場(現 くもの丘)のことだと思われます。

ただしばらくすると、休憩所方面から下ってくる道と合流しました。
大して変わりがないようですが、休憩所には何か良いことが待っているのかも知れません。

マウンテンバイク(MTB)コースを避けて

さて合流から程なくして、くもの丘への分岐点に着きました。
くもの丘とはかつての多目的広場のことのようで、最近改名されたのか案内板が新しくなっています。

マウンテンバイク

ただくもの丘と駐車場の間には、マウンテンバイク(MTB)コースがあるのですよね。
迂回路を通っていても、バイクが勢い余ってMTBコースから散策路へ飛び出してくるかも知れません。

念には念を入れて MTBコースを避け、そのまま展望休憩舎と書かれた方へ歩いていきました。
結構な遠回りになりましたが、安全のためには仕方がありません。

あとがき

今回は、各務野自然遺産の森から大岩見晴台まで登ってみました。
大岩見晴台各務野自然遺産の森の区域外なのですが、訪れる人は多いようです。

今思えば、大岩見晴台からさらに金山頂上まで、足を伸ばしても良かったかも知れません。
大岩見晴台を含む金山は、各務原アルプスハイキングコースとして整備されているようなのです。

各務野自然遺産の森の周辺には、他にも登りやすそうな山が目白押しです。
これからいろいろな山に登ってみることにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました