【滋賀】米原市朝日にある観音寺から横山城跡へ その3 (南城跡から蓮池へ篇)

名所史跡めぐり
この記事は約4分で読めます。

以前、滋賀県の米原市(まいばらし)と長浜市(ながはまし)の間にある横山城跡に登ろうとして、米原市朝日にある観音寺へ行ったのですが、そのときは駐車場が工事中でした。

昨日(2019.08.11)、久しぶりに米原市朝日にある観音寺を訪れて、本堂の右手から横山城の南城跡まで登って下りてきた後は、観音寺の本坊で「三献の茶セット」を味わいました。

【滋賀】米原市朝日にある観音寺から横山城跡へ その1 (総門から本堂へ篇)
以前、滋賀県の米原市(まいばらし)と長浜市(ながはまし)の間にある横山城跡に登ろうとして、米原市朝日にある観音寺へ行ったのですが、そのときは駐車場が工事中でした。 昨日(2019.08.11)、もうそろそろ駐車場の工事が終わっているだろうと思って、久しぶりに観音寺を訪れてきました。 その...
環境防災林 朝日(観音寺地区)地図

環境防災林 朝日(観音寺地区)地図

観音寺の薬師堂から始まる西国三十三所観音巡拝道を通って、横山城の南城跡まで登り、もうすぐ盂蘭盆会(うらぼんえ)なので、梵鐘堂の梵鐘(ぼんしょう)を鳴らしました。

スポンサーリンク

観音坂峠方面へ下山

今回は西国三十三所観音巡拝道を登るのが目的だったので、下山することにします。

出来れば行きとは違う山道を歩きたいので、帰りは観音坂峠方面へ向かって、観音寺の蓮池へとつながる山道を下りることにしました。

2体の石仏に見送られながらの出発です。

観音寺への分岐点

分岐点(谷)十三仏巡拝道経由で観音寺

途中で観音寺へと下りられる十三仏巡拝道がありましたが、今回も素通りしました。

十三仏巡拝道は石仏が十三体しかなさそうなので、もしかすると西国三十三所観音に比べて、急な坂道なのかも知れません。

観音寺の蓮池へ

分岐点(左)蓮池(右)観音坂峠

分岐点(左)観音寺の蓮池(右)観音坂峠

あずま屋のある見晴らし台の中を通り抜けていくと、分岐点に着きました。

前回は、長浜市石田町(ながはまし いしだちょう)に下りるため、観音坂峠へ向かいましたが、今回は観音寺の蓮池へ向かいます。

両側に木立が両側に迫っている道はクモの巣が多いので、気を抜いていると顔や体にまとわり付きますが、それさえなければ緩やかで歩きやすい道です。

何度も折れ曲がるつづら折りの道を下りていくと、ようやくふもとに到着しました。

観音坂の登山口

観音坂の登山口

ちなみにすこし池の方へ歩いていくと、観音坂の朝日登山口もありました。
道幅が何だか広すぎるような気もしますが、むかしの雰囲気を残す道になっています。

お地蔵さまと道しるべと蓮池

地蔵と道しるべ(左)た尓ぐみ(右)さめが井

地蔵と道しるべ(左)た尓ぐみ(右)さめが井、工事中の旧道

さらに歩いてくると、お地蔵さんの横に道しるべがありました。
左(東)へ行くと「谷汲」、右(南)へ行くと「醒ヶ井」と刻まれています。

お遍路

西国三十三所観音巡礼は、どのような順序で巡っても良いらしいので、近江国の竹生島宝厳寺から観音坂の峠を越えて、美濃国の谷汲山華厳寺へ行く人もかなり居たのでしょう。

観音寺の蓮池

観音寺の蓮池

振り向くとすぐ後ろには、観音寺の蓮池が水を湛えていました。

蓮が総門のある東側にしか無いので、強風でも吹いて寄ってしまったのかと思いましたが、以前に広域で蓮が枯れる現象が起きていたので、その影響で西側は枯れたのかもしれません。

 

次は「石田三成水汲みの池」と観音寺本坊に行きます。

【滋賀】米原市朝日にある観音寺から横山城跡へ その4 (石田三成と三献の茶篇)
以前、滋賀県の米原市(まいばらし)と長浜市(ながはまし)の間にある横山城跡に登ろうとして、米原市朝日にある観音寺へ行ったのですが、そのときは駐車場が工事中でした。 昨日(2019.08.11)、久しぶりに米原市朝日にある観音寺を訪れて、本堂の右手から横山城の南城跡まで登って下りてきた後は、観音...

コメント

タイトルとURLをコピーしました