【滋賀】近江八幡市安土町の観音寺城跡へ博物館側から その3 (三角点から城跡を巡って篇)

城郭めぐり
この記事は約3分で読めます。

滋賀県近江八幡市安土町(おうみはちまんし あづちちょう)には、観音寺城跡があります。
以前、ふもとの教林坊で紅葉の庭園を堪能したあと、繖山(きぬがさやま)を登って見に行きました。

ということで今回は、近江風土記の丘(滋賀県立 安土城考古博物館)から観音寺城跡へ登ってみました。
前回は見に行かなかった大石垣も見に行っています。

繖山周辺地図
繖山周辺地図

石仏の道を通って、桑実寺に寄り道したあと、繖山三角点まで登りました。

近道を通って、観音寺城本丸跡

さて繖山三角点からは、観音寺城本丸跡の方へ歩いていきました。
かつての堀切跡がいくつかあるので、尾根筋が小刻みに波打っています。

前回は観音寺城本丸跡まで遊歩道を通ったのですが、今回は整備されていない近道を歩いてみました。
処どころに石垣が残っており、城郭の雰囲気が漂っています。

最後に急勾配の坂道を慎重に下っていくと、サザンカの咲く観音寺城本丸跡にたどり着きました。
繖山は近江国の守護佐々木六角氏の居城があった場所で、至るところにその遺構が残されているそうです。

大石垣と勘違いして

観音寺城本丸跡からは大石垣へ向かうため、自然石で作られた石段を下っていきました。
石段を下り終えたら、案内板にしたがって脇道へ入っていきます。

大石垣へと続く平坦な道を歩いていると、頭上の木がすっかり真っ赤に色づいていました。
地面はその落ち葉で、深紅の絨毯(じゅうたん)のようになっています。

程なく、目的の大石垣かと見紛うほどに大きな石垣が現れました。
勘違いして敷地の中を歩き回ったのですが、佐々木六角氏重臣の屋敷跡だったようです。

池田丸跡を素通りして

ということで屋敷跡から出たら、本当の大石垣を目指して、そのまま山道を下っていきました。
程なく、広大な敷地を持つ池田丸跡にたどり着きます。

ところが案内板に記されている大石垣までの所要時間が、進むにつれて増えていました。
大石垣まではいったい全体、どれ程の時間が掛かるのでしょうか?

大岩群上の展望所から
大岩群上の展望所から、箕作山、(手前)老蘇の森、(奥)布施山、雪野山

池田丸跡をろくに見て回らず、山道を下っていくと、見晴らしの良い展望所がありました。
見下ろすと、気になる観音寺城跡ののぼり旗が見えるので、行ってみることに。

大石垣はどこですか?

急勾配で細い山道を下って脇道へ入ると、「女郎岩」と名付けられた大岩が現れました。
その向こう側の広場へ行くと、上の展望所から見た観音寺城跡ののぼり旗が立てられています。

ところがあたりを見回しても、大岩が点在しているばかりで、大石垣らしいものは見当たりませんでした。
さらに山道を下って、大石垣を探しに行きます。

観音寺城跡大石垣
観音寺城跡大石垣

つぎに見付けた脇道へ入っていって見上げると、ようやく目的の大石垣を見つけられました。
大石垣の上には、観音寺城跡ののぼり旗が立てられています。

さらに繖山を下っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました