【滋賀】観音寺城跡に登る前に、教林坊の紅葉を見る その1 (教林坊の参道篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

国道8号線を南下していると、滋賀県近江八幡市安土町(おうみはちまんし あづちちょう)のあたりに差し掛かりました。

すると突然、観音寺城跡のことを思い出したので、ちょっと登ってみることにしました。

駐車場を探すと、野菜直売所「石寺楽市」のとなりに駐車場があります。
そこは、教林坊というお寺の臨時駐車場になっていました。

どんなお寺かは知りませんでしたが、これも何かの縁なので、寄っていくことにしました。
まずは教林坊に向かいます。

教林坊
きょうりんぼう 聖徳太子創建の寺院 紅葉の名所 小堀遠州作の名勝庭園 紅葉ライトアップ開催

教林坊の臨時駐車場へ

教林坊へは、国道8号線の案内標識に書いてある「観音正寺」への矢印や、道端の案内道標などを頼りに進んでいくことになります。

通常なら、教林坊の駐車場に停めればいいのですが、モミジの季節は大変混みます。
石寺楽市のとなりにある、臨時駐車場に停めることも、視野に入れた方がいいでしょう。

駐車場

ボクが教林坊の臨時駐車場に着いたときは、結構空いていました。

臨時駐車場から教林坊へ

さて「石寺楽市」のとなりの臨時駐車場から教林坊へは、すこし歩かなければなりません。
ただ、分岐点には案内板が出ていますので、迷うことはありませんでした。

教林坊の入り口

教林坊の入り口

参道の入り口まで来ると、そこは駐車場になっていて、多くの自動車で埋まっています。
臨時駐車場が遠いので、皆さん教林坊の本来の駐車場まで、来るのでしょう。

なお奥にモミジが見えますので、皆さんの目的は紅葉狩りのようでした。

教林坊の受付

教林坊の総門(拝観受付)

教林坊の総門(拝観受付)

すこし階段を登っていくと、すぐに教林坊の総門があります。
その横にある参拝受付で料金を支払うと、シンプルな庭園拝観券が手渡されました。

教林坊の拝観券

なおこの時点では、庭園拝観券がもぎられていません。
庭園に入場するときに、もぎられるそうなので、それまでは大事に持って行きました。

教林坊の総門(うら)

教林坊の総門を振り返って

ちなみに夜になると、もみじの庭園がライトアップされるようです。
ただちょっと自宅から遠いので、それを見に来ることはないと思います。

庭園に入る前も見どころ満載

教林坊の参道を彩る赤やオレンジ色のモミジ

教林坊の参道を彩る赤やオレンジ色のモミジ

さて、受付を済ませて階段を登っていくと、美しいモミジが出迎えてくれます。
最初はここが、モミジの庭園なのかと思っていましたが、まだのようでした。

しかし気の早い人たちは、すでにここで記念撮影をしています。
こんなに美しい紅葉では、それも仕方のないことだと思いました。

庭園に着くまでの途中でさえ、こんなに楽しませてくれるなんて、まるでディズニーランドやディズニーシーのようです。

真っ赤に色付くモミジ

教林坊の参道を彩る真っ赤なモミジ

教林坊の参道を彩る真っ赤なモミジ

さらに参道を登っていくと、前方の木立の間に、真っ赤に色付くモミジが見えてきました。

真っ赤なモミジの下に入ると、太陽の光も真っ赤に色付くので、一段とキレイに見えます。
これこそ「血染めのモミジ」のような気がします。

あまりにも美しすぎるので、ちょっと怖さを感じてしまいました。

次は、教林坊の庭園の中に入ります。

【滋賀】観音寺城跡に登る前に、教林坊の紅葉を見る その2 (教林坊の庭園篇)
滋賀県近江八幡市安土町(おうみはちまんし あづちちょう)にある観音寺城跡に登るため、繖山(きぬがさやま)のふもとまで来ました。 野菜直売所「石寺楽市」の隣の臨時駐車場に自動車を停め、すぐ近くにある教林坊というお寺にも訪れることにしました。 教林坊の拝観券を買って、美しいモ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました