【滋賀】観音寺城跡に登る前に、教林坊の紅葉を見る その2 (教林坊の庭園篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

滋賀県近江八幡市安土町(おうみはちまんし あづちちょう)にある観音寺城跡に登るため、繖山(きぬがさやま)のふもとまで来ました。

野菜直売所「石寺楽市」の隣の臨時駐車場に自動車を停め、すぐ近くにある教林坊というお寺にも訪れることにしました。

教林坊
きょうりんぼう 聖徳太子創建の寺院 紅葉の名所 小堀遠州作の名勝庭園 紅葉ライトアップ開催

教林坊の拝観券を買って、美しいモミジを見ながら参道を歩き、現在は庭園の入り口まで来たところです。

【滋賀】観音寺城跡に登る前に、教林坊の紅葉を見る その1 (教林坊の参道篇)
国道8号線を南下していると、滋賀県近江八幡市安土町(おうみはちまんし あづちちょう)のあたりに差し掛かりました。 すると突然、観音寺城跡のことを思い出したので、ちょっと登ってみることにしました。 駐車場を探すと、野菜直売所「石寺楽市」のとなりに駐車場があります。 そこは、教林坊...

教林坊の庭園の入り口

教林坊の書院の手前から庭園を見て

教林坊の書院の手前から庭園を見て

さて教林坊の庭園の入り口になっている、書院の手前まで来ました。
すでに庭園のモミジが板塀の上から覗(のぞ)いています。

教林坊の拝観券

ここで、係りの方に庭園拝観券を渡して、もぎってもらいます。
実はカバンの中に、庭園拝観券をしまい込んでいたので、慌てて取り出しました。

書院の土間を通り抜けると、いよいよ教林坊の庭園に入ることになります。

最初は赤い絨毯

教林坊の庭園のモミジの絨毯

教林坊の庭園のモミジの絨毯

教林坊の庭園に入ってまず目にするのは、斜面のモミジの絨毯(じゅうたん)です。
ただ昼間はどうしても日陰になってしまうので、できれば早朝に訪れたいところです。

参拝順路は、まず階段を登って山側の道を歩いていくことになります。

通常、モミジは下から眺めますので、その向こうには木、竹や空ぐらいしか見えません。

しかし高い所からモミジを眺めると、その奥に建物の屋根が見えることもあり、言い知れない趣(おもむき)があります。

本堂の裏手と説法岩

本堂の裏手と説法岩

本堂の裏手と説法岩

さて山側から下りてくると、本堂の裏手にちょっとした人だかりが出来ていました。
そこは大岩(説法岩と霊窟)と本堂の間が、小径のようになっている場所です。

教林坊が別名「石の寺」と呼ばれているのは、これらの大岩があるからです。

モミジの落ち葉がそこに溜まって、まるでレッドカーペットのようになっていました。
しかしそこは、通行止めになっているので通り抜けできません。

本堂から外を見て

本堂から外を見て

仕方がないので本堂の表をぐるっと回って、次に進みました。

小堀遠州作と伝えられる庭園

教林坊の遠州庭園

教林坊の遠州庭園

さてここは、掛軸庭園とも呼ばれる池泉式庭園で、書院から見て手前に池があります。
池には亀、池端には鶴、枯れた滝など様々なものを模した岩が、配置してあるそうです。

この庭は本来、書院の中から眺めることで、あたかも掛軸を見ているかのように、なるそうなのです。

しかし、書院の中には入れません。

すでに書院の縁側には、たくさんの人たちが腰掛けているので、空席もありません。
仕方がないので横から眺めることにしましたが、それでも結構キレイでしたよ。

普陀落の庭

普陀落の庭(枯庭)

普陀落の庭(枯庭)

なお振り向くと、いい感じに苔むした「枯庭(普陀落の庭)」がありました。
こちらは、こぢんまりとした庭なので、あまり人気が無いようです。

ボクの周りでは、カメラを向けている人がいなかったので、一人でゆっくりと見ておきました。

たまたま教林坊に来たのですが、その庭は結構見ごたえがあり、いいところでした。
週末は人が多いので、もし今度来るときは平日にしたいと思います。

次はいよいよ繖山を登って、観音寺城跡に向かいます。

【滋賀】観音寺城跡に登る前に、教林坊の紅葉を見る その3 (繖山観音正寺篇)
滋賀県近江八幡市安土町(おうみはちまんし あづちちょう)にある観音寺城跡に登るため、繖山(きぬがさやま)のふもとまで来ました。野菜直売所「石寺楽市」の隣の臨時駐車場に自動車を停め、すぐ近くにある教林坊というお寺にも訪れました。教林坊の拝観を終えましたので、次は観音寺城跡に向かいます。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました