【滋賀】観音寺城跡に登る前に、教林坊の紅葉を見る その4 (観音寺城跡篇)

城郭めぐり
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

滋賀県近江八幡市安土町(おうみはちまんし あづちちょう)にある観音寺城跡に登るため、繖山(きぬがさやま)のふもとまで来ました。

野菜直売所「石寺楽市」の隣の臨時駐車場に自動車を停め、すぐ近くにある教林坊というお寺はすでに拝観し終わりました。

繖山に登って観音正寺まで着きましたので、次は観音寺城跡を見て回ります。

【滋賀】観音寺城跡に登る前に、教林坊の紅葉を見る その1 (教林坊の参道篇)
国道8号線を南下していると、滋賀県近江八幡市安土町(おうみはちまんし あづちちょう)のあたりに差し掛かりました。 すると突然、観音寺城跡のことを思い出したので、ちょっと登ってみることにしました。 駐車場を探すと、野菜直売所「石寺楽市」のとなりに駐車場があります。 そこは、教林坊...

ねずみ岩から再び

ねずみ岩

ねずみ岩

観音正寺の受付手前から北東へ歩くと、「ねずみ岩」と書かれた立て札があります。
そこから繖山をさらに登っていきました。

ふもとから観音正寺までの参道とは打って変わり、この登山道はかなり荒れています。
倒木のせいで崩れた石垣なども、そのままの状態で放置してありました。

佐々木城跡の石碑

佐々木城跡(観音寺城跡)の石碑

ねずみ岩から、佐々木城跡に建てられた石碑の前までは近いので、すぐに到着します。

観音寺城は、近江源氏の佐々木氏が治めていた当時は、佐々木城と呼ばれていました。
のちに近江守護だった佐々木六角氏の居城になっています。

観音寺城本丸跡へ

ただこれだけでは詰まらないので、さらに丸太で示された登山道を登っていきました。
ところどころに石垣なども遺(のこ)っていますので、山城だったということが判ります。

道案内の立て札(左)佐々木城跡、三角点(右)観音寺城本丸跡、桑実寺

繖山のてっぺん付近まで来ると、道はなだらかなので、ラクラクと歩いていけます。
途中に、観音寺城本丸跡を示す立て札がありましたので、行ってみることにしました。

本丸跡へは一旦、草が生い茂って石段が荒れている登山道を、慎重に下っていきます。
すると立て札がある丁字路に出ましたので、矢印に従って進んでいきました。

観音寺城本丸跡には山茶花

観音寺城本丸跡へと続く石段

観音寺城本丸跡へと続く石段

観音寺城本丸跡へは、ふたたび石段を登っていくことになります。
ちょっとウンザリしましたが、これが最後の登りの石段だと、気合を入れて登りました。

観音寺城本丸跡

観音寺城本丸跡

観音寺城本丸跡まで登ってくると、あたりは山茶花(さざんか)の花が咲き乱れていました。
ただ植木屋さんによる、剪定(せんてい)はされていないようで、鬱蒼としています。

本丸跡の石垣と桑実寺へと続く登山道

本丸跡の石垣と桑実寺へと続く登山道

さらに奥へ進んでいくと、今度は桑実寺(くわのみでら)への登山道が続いています。
白い立て札によると、入山料が要るそうなので、また日を改めて行くことにしました。

本丸跡の無残な倒木

さて本丸跡を歩き回ってみると、ここには根っこから倒れてしまった大木が、たくさん放置されていました。

たぶん台風の影響なのでしょう、あまりにも痛ましく、見るに忍びないあり様です。

道案内の立て札(奥)観音正寺(手前)観音寺城本丸跡・桑実寺

道案内の立て札(奥)観音正寺(手前)観音寺城本丸跡・桑実寺

ということで、観音正寺へ下りていくことにします。
観音寺城跡には大石垣もあるらしいのですが、次回また登って見に行くことにしました。

次は、観音正寺を経由して、ふもとに下りていきます。

【滋賀】観音寺城跡に登る前に、教林坊の紅葉を見る その5 (繖山下山篇)
滋賀県近江八幡市安土町(おうみはちまんし あづちちょう)にある観音寺城跡に登るため、繖山(きぬがさやま)のふもとまで来ました。 野菜直売所「石寺楽市」の隣の臨時駐車場に自動車を停め、すぐ近くにある教林坊というお寺はすでに拝観し終わりました。 繖山に登って観音寺城跡を見て回りました...

コメント

タイトルとURLをコピーしました