【滋賀】長浜市余呉町の菅山寺へ尾根を越えて その1 (無料駐車場から登山道へ篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約3分で読めます。

滋賀県長浜市余呉町(ながはまし よごちょう)には、菅山寺(かんざんじ)があります。
国道365号線で余呉町を通るたびに、その案内板を見掛けるので気になっていました。

以前、賤ヶ岳に登った帰り、余呉湖観光館のお食事処「豊味」で食事をしていたときのこと。
2人の女性が店内に入ってきて、店員の女性と菅山寺に登る話を始めました。

大きな声なので何となく聴いていると、菅山寺は山の上にあるお寺なのだそうです。
調べてみると登りやすそうなので、菅山寺を見に行ってきました。

スポンサーリンク

余呉駅・観光用駐車場へ

まずは余呉駅近くの無料駐車場に向かいます。
国道365号線の交差点「余呉湖口」で西へ曲がって、集落の中を道なりに進むと、駐車場は右側にありました。

余呉駅・観光用駐車場は、次の人が無料で利用できます。

  • 余呉町へ観光に訪れた人
  • 余呉駅を利用したり、電車に乗ったりする人

ただボクが行ったときには、あまり知られていないのか、1台の自動車が停められているだけでした。
まず駐車場からは、自動車で通ってきた道を歩いて戻ります。

余呉駅を利用するときは、余呉駅前の無料駐車場が便利です。

菅山寺への登山口へ

途中からは、車通りの少ない乎彌神社(おみ じんじゃ)の前を歩いていきました。
乎彌神社の駐車場を見るとガラガラだったので、ここに停めてお参りしたあと行くのも手かも知れません。

そのまま余呉川に架かる橋を渡って JR北陸本線の下をくぐります。
さらに国道365号線と旧北国街道の横断歩道、北陸自動車道に架かる橋を渡ると、山のふもとに着きました。

てっぺんが反った赤い鳥居

本当は大鳥居のある坂口登山口から、菅山寺に登るつもりだったのですけどね。
どこにあるのかよく判らず、適当に山の方へ歩いてしまいました。

林道を迂回して、他の登山道へ

関係者以外立入禁止の林道
関係者以外立入禁止の林道

ところが山の中へと続く林道は、工事中につき関係者以外立入禁止になっていました。
仕方がないので、他の登り口を探してみることに。

とりあえず北陸自動車道に沿って、北の方へ進んでみることに。
すると原っぱの中に自動車の轍(わだち)があって、山の奥へと続いていました。

登り始めてみると赤い鳥居があって、その奥にベンガラ塗りだと思われる祠(ほこら)があります。
最初は稲荷神社かと思ったのですが、どこにもキツネが見当たらないので、よく判りませんでした。

ベンカラとは、酸化第二鉄をおもな成分とする赤い顔料のこと。
インドのベンガル地方が産地として有名で、オランダ語で「ベンガラ」とよばれた。

登山道は、神社への階段の前を、さらに奥へと続いています。

荒れ放題の登山道

登山道も最初のうちは横幅も広くて、歩きやすかったのですけどね。
次第に落ち葉が積み重なり、倒木が行く手を遮(さえぎ)るようになってきました。

そうこうするうちに、途中からは登山道が判らなくなってしまいました。
仕方がないので、林業の方の通り道だと思われる、横がけ道を歩いてみることに。

ちょっと歩きにくかったのですが、しばらくすると何とか尾根筋にたどり着けました。
あとは尾根筋を登っていけば、山頂までたどり着けそうです。

さらに菅山寺を目指して登っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました