【石川】片山津温泉のついでに那谷寺へ その1 (北前船の里資料館前篇)

名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

石川県加賀市(かがし)にある片山津温泉(かたやまづ おんせん)に行ってきました。
片山津温泉は柴山潟(しばやま がた)という湖のほとりにある、景色の素晴らしい温泉地です。

ただ温泉に行くだけだと勿体(もったい)ないので、ついでに周辺の観光地もいくつか巡ってみました。
たまたま訪れた那谷寺は、ちょうど紅葉の真っ盛りだったので、とても美しかったです。

スポンサーリンク

加佐ノ岬を目指して

せっかく石川県まで行くので、片山津温泉で一泊して帰ってくるだけでは、面白くありません。
ついでにどこか近くにある観光地も見に行きたいところです。

灯台

まずは北陸自動車道に乗って加賀インターチェンジで降り、加佐ノ岬(かさのみさき)へ向かうことに。
何となく海のある方向へ走ってみたのですが、山があるのでなかなかたどり着きません。

半分諦めかけていたとき、案内標識に「北前船の里」「尼御前岬」の文字を見付けます。
仕方がないので急遽(きゅうきょ)予定を変更して、北前船の里を見に行くことにしました。

北前船の里資料館の駐車場

さてとりあえず、北前船の里資料館[P]と書かれた駐車場に自動車を停めました。
あたりを見回してみましたが、すぐとなりにあるのは地元の地区会館のようです。

北前船の里資料館の周辺地図
北前船の里資料館の周辺地図

CANBUS(キャンバス)の停留所の近くに周辺地図があったので、北前船の里資料館を探してみることに。
すると、それは道路を渡ったところにあるようです。

この地図のお陰で、加佐ノ岬が道路をさらに奥へ進んだところにあることを知りました。

【公式】加賀周遊バス「キャン・バス」
JR加賀温泉駅を起点に加賀温泉郷の見どころを巡回運行します。お好きな目的地を組み合わせて自由にプランを組んで、オリジナルの旅が楽しめます。
北前船の里資料館の入り口
北前船の里資料館の入り口

ということで早速、横断歩道を渡って北前船の里資料館へ向かいます。
資料館の裏手で水路復旧工事を行っているようですが、入館は問題なく出来るようでした。

加賀市 橋立 北前船の里資料館
加賀市橋立の北前船主、酒谷長兵衛により建てられた建物をそのまま利用した「北前船」に関するさまざまな資料を展示している資料館です。

近道を通って資料館へ

北前船の里資料館への近道は、団体客でも余裕ですれ違えるように、道幅が広くなっています。
奥へ歩いていくと途中に、小さめの錆びた錨(いかり)が置かれていました。

突き当りで右へ曲がると、すぐに北前船の里資料館があります。
そもそもは、江戸時代から長年にわたり北前船で巨万の富を築いた、酒谷長平家の邸宅だったそうです。

北前船の里資料館の玄関先
北前船の里資料館の玄関先

玄関から中に入る前に、まずは左側の事務所の受付で入館料を支払いました。
なお北前船の里資料館の内部で、写真を撮影するのは構わないとのことです。

北前船の里資料館の中へ

北前船の里資料館の玄関土間
北前船の里資料館の玄関土間

北前船の里資料館の玄関から中に入ると、そこは広い土間になっていました。
一度に大勢の人が出入りできるように、上がり框(かまち)が横に長くなっています。

北前船の里資料館のご案内
北前船の里資料館のごあんない

右側の下駄箱の上には、暗がりでもよく見えるように、バックライトで光る「北前船の里資料館のごあんない」が設置されていました。

青い電卓

計算してみると 973坪もの敷地を持つ、かなり広大なお屋敷であったことが判ります。
そのうちの 6分の1 ほどを使って邸宅が建てられ、残りは広い庭になっています。

次は北前船の里資料館の中を見て回ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました