【石川】片山津温泉のついでに那谷寺へ その2 (北前船の里資料館中篇)

名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

石川県加賀市(かがし)にある片山津温泉(かたやまづ おんせん)に行ってきました。
片山津温泉は柴山潟(しばやま がた)という湖のほとりにある、景色の素晴らしい温泉地です。

ただ温泉に行くだけだと勿体(もったい)ないので、ついでに周辺の観光地もいくつか巡ってみました。
たまたま訪れた那谷寺は、ちょうど紅葉の真っ盛りだったので、とても美しかったです。

北前船の里資料館の案内図
北前船の里資料館の案内図

北陸自動車道を加賀インターチェンジで降りて、加佐ノ岬を目指して走っていたら、北前船の里資料館の駐車場に着いたので、その資料館を見に来ました。

スポンサーリンク

囲炉裏のある居間を、オエとよぶ

北前船の模型
北前船の模型

玄関(ゲンカン)から入ってすぐの庭(ニワ)で靴を脱ぎ、最初の部屋に上がりました。
ショーウィンドウがあったので中を見ると、往時を偲ばせる船模型や看板などが飾られています。

オエの囲炉裏
オエの囲炉裏

その部屋は 30畳もある大広間で、オエとよばれています。
土間から上がってすぐの囲炉裏がある居間のことを、この地方では「御上(おえ)」というようです。

北前船の航路と寄港地
北前船の航路と寄港地

オエの中を見回すと、北前船の航路と寄港地が描かれた地図が展示されていました。
北前船は、日本海沿岸と瀬戸内海を航海して、大阪と北海道を結ぶ航路を往復していたようです。

口座敷から中座敷をへて奥座敷へ

蝦夷屏風
蝦夷屏風

次に口座敷(クチザシキ)に入ると、北海道のお土産がいくつか展示されていました。
一番豪華なものは、北海道に住むアイヌの人びとの生活を描いた絵を、金屏風に仕立てたものだそうです。

船箪笥
船箪笥

反対側を見ると、いくつものの船箪笥(ふなだんす)が、ところ狭しと並べられていました。
それは口座敷だけに収まらず、となりの中座敷(ナカザシキ)まで続いています。

船箪笥とは、船頭が船の上で船往来手形などの重要書類やお金、衣裳類を入れたもの。

仏具
仏具

奥座敷(オクザシキ)まで来ると、奥に大と小の仏壇が並べられ、右側には仏具が展示されていました。
日本海が荒れる冬場は船主が屋敷にいるので、豪華な大の仏壇を使ったそうです。

奥に増築された、新座敷

奥座敷のさらに奥の新座敷(シンザシキ)へと、廊下は続きます。
新座敷と名付けられているので、あとで必要になり増築された座敷なのでしょう。

新座敷の中には、おもに次のようなものが展示されていました。

  • 和磁石 ………… 日本で工夫して十二支の方位をつけた方位磁石。
  • 遠眼鏡 ………… 沿岸を航行するときに目印の山を見るのに役立った望遠鏡。
  • 船往来手形 …… 諸国を船で行き来するのに必要な木札のパスポート。
  • 海図  ………… 海峡や港の深さ、岩礁の場所や方角などが描かれた簡易的なもの。
色絵九谷北前船図大皿
色絵九谷北前船図大皿

新座敷の奥には、地元の焼き物である九谷焼の大きな絵皿が飾られていました。
そこには北前船が大きく描かれています。

北前船主の生活展、第一土蔵にて

新座敷のさらに奥には第一土蔵があって、そこでは北前船主の生活展が開かれていました。
窓から景色を眺めながら、赤い毛氈(もうせん)が敷かれた廊下を歩いていきます。

第一土蔵の中に入ると、両側のショーウィンドウの中には、生活の品じなが展示されていました。
北前船主は莫大な利益を得たそうなので、どれもこれも贅沢なものになっています。

さらに北前船の里資料館を見て回ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました