【石川】片山津温泉のついでに那谷寺へ その7 (日本自動車博物館中篇)

名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

石川県加賀市(かがし)にある片山津温泉(かたやまづ おんせん)に行ってきました。
片山津温泉は柴山潟(しばやま がた)という湖のほとりにある、景色の素晴らしい温泉地です。

ただ温泉に行くだけだと勿体(もったい)ないので、ついでに周辺の観光地もいくつか巡ってみました。
たまたま訪れた那谷寺は、ちょうど紅葉の真っ盛りだったので、とても美しかったです。

那谷寺へ行こうとしたら、お寺へと続く狭い道が渋滞しており、路上駐車もすごかったので、日本自動車博物館を訪れ、懐かしい自動車を見ています。

スポンサーリンク

座席がむき出し、ロコモービル

ロコモービル
ロコモービル

日本自動車博物館の中を歩いていたら、変わった形の自動車を見付けました。
「ロコモービル」という蒸気自動車で、座席がむき出しになっており、車輪が自転車のようです。

急ハンドル急ブレーキをすると振り落とされそうですが、あまり速く走れないのかも知れません。
座席が高い位置にあるので、乗り降りが大変そうです。

この車を見て思い出すのは、宮崎駿監督が手掛けたテレビアニメ「名探偵ホームズ」です。
登場人物がすべて擬人化された犬なのですが、主人公のホームズが似た車に乗っていました。

他者を威圧する大きな車

2階に上がってくると、まず目に入るのが、威容を放つ大ぶりの車たちでした。
並べられている他の車も大きいので、威容さが判りにくいのですが、どれも結構なデカさです。

アラブの石油王

アラブの王様の白いキャデラックも、中国の鄧小平さんの「紅旗」も、実際にそばを通り掛かったら、驚きのあまり二度見してしまうかも知れません。

要人を守るため、鉄板も仕込まれているでしょうから、重さもかなりのものだと思われます。

かわいらしいオートバイも

ホンダ スーパーカブとモトコンポ

博物館の中には自動車だけでなく、オートバイも展示されていました。

オートバイといえば、町なかのどこでもよく見かけたのが、ホンダ スーパーカブです。
前面に風よけを取り付ける人や、冬になるとハンドルに温かいカバーを取り付ける人もいました。

バイクで出前

その隣には、かわいらしいホンダ モトコンポも展示されています。
折りたためば、同時発売の小型四輪車「ホンダ シティ」のトランクに、ピッタリ収まったそうです。

ホンダ シティに乗って出掛けた先で、ちょい乗りするイメージだったのでしょう。

ホンダ、ホンダ、ホンダ、ホンダ

ホンダ シティ

3階に上がってくると、そのホンダ シティが展示されていました。
「ホンダ、ホンダ、ホンダ、ホンダ」の CM で、一世を風靡(ふうび)した車です。

ホンダシティ CM 1981年 HONDA CITY

改めて CM を見ると、シティのトランクにモトコンポが積み込めることをアピールしていたようです。
子供のころは興味がなくて、そのことにまったく気付きませんでした。

当初はその背の高いデザインが画期的だったので、爆発的に売れたようです。
しかし似たようなデザインの車が増えたため、ありきたりの車になってしまいました。

さらに日本自動車博物館を見て歩きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました