【滋賀】初夏なのに鶏足寺と石道寺と与志漏神社 その3 (与志漏神社篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約5分で読めます。

今はまだ初夏で、紅葉の季節ではありませんが、鶏足寺(けいそくじ)周辺を見に行ってきました。

鶏足寺は、琵琶湖の湖北地域にあります。

【滋賀】初夏なのに鶏足寺と石道寺と与志漏神社 その1 (石道寺篇)
琵琶湖の湖北地域で、紅葉の名所といえば、鶏足寺(けいそくじ)が有名ですね。 お寺の名前が変わっているので、ご存知の方も多いかと思います。 今はまだ初夏で、紅葉の季節ではありませんが、鶏足寺周辺を見に行ってきました。 駐車場から石道寺へ 実は昨年の秋、母を連れて鶏足寺周辺へ...
スポンサーリンク

初夏なのでちょっと寂しい石道寺

尾根を越えて石道寺へ

尾根を越えて石道寺へ

鶏足寺(旧飯福寺)を散策し終わりましたので、一旦石道寺の駐車場まで、来た道を戻ることにしました。

はじめて訪れたときは、与志漏神社(よしろじんじゃ)からここまで歩きましたが、ちょっと距離があるのです。

秋田犬

結局、石道寺の駐車場に戻るまで、石道寺で飼われている犬にしか会いませんでした。
紅葉の季節でないと、観光客って訪れないのですね。

石道寺から与志漏神社へ

さて、石道寺から与志漏神社へは、一旦、高時川まで下り、北西に右折してすぐの変わった形の四差路を北に入ります。

与志漏神社の大鳥居

与志漏神社の大鳥居

集落の中を進んで、大きな鳥居が見えたら右折して、石段の前を横切りました。

さらに「己高庵(ここうあん)」への矢印が出ているところを左へ入り、駐車場に車を停めました。

与志漏神社と戸岩寺の形勢逆転か?

与志漏神社の拝殿

与志漏神社の拝殿

境内を歩いてみれば分かるのですが、与志漏神社はたいへん大きな神社です。

そもそもは、世代大明神(よしろだいみょうじん)という名称で、地元の余領郡(よしろぐん)の氏神として、祀られてきた大社だそうです。

旧戸岩寺

旧戸岩寺

すぐ隣には、行基(ぎょうき)が建てたという、戸岩寺(といわじ)の本堂もあります。
その昔は最澄、空海や慈覚などの高僧も訪れ、多くの建物がある大寺院だったそうです。

それが現在では、廃寺となっています。

ということは今でこそ、ここは与志漏神社の境内ということになっていますが、そもそもは戸岩寺の境内だったのかも知れません。

行基は、お寺を建てるマニアですか?

お坊さん

そういえば、お寺めぐりをしていると説明書きの中に、「このお寺は行基によって開かれました」というような文言をよく見かけます。

行基と言えば、晩年、東大寺の大仏の造営に協力したことで有名ですね。
行基って実は、布教活動のかたわら、貧しい人々のために、土木事業もしています。

土木作業員

その土木事業には、お寺を建てることをはじめとして、川に橋を架けること、堤防を造ることまで、いろいろとあります。

まるで、現代のゼネコンみたいですね。

己高閣と世代閣という収蔵庫

高床式倉庫

さて、与志漏神社の境内には、己高閣(ここうかく)と世代閣(よしろかく)という 2つの収蔵庫があります。

それぞれの中には、次のようなものが収められているそうです。

  • 己高閣 …… 鶏足寺のご本尊十一面観音像をはじめ、数々の重要文化財など
  • 世代閣 …… 戸岩寺のご本尊薬師如来立像をはじめ、多くの仏像や仏画そして古文書など

撮影禁止

社務所に拝観料を納めれば、どちらも拝観できます。
ただし、収蔵庫の内部は撮影禁止です。

今回は、仏像を見る気分ではなかったので、素通りしてしまいました。

山の上の観音堂へ

観音堂の入り口

観音堂の入り口

それよりも以前から、与志漏神社の裏山にある観音堂がすごく気になっていました。
以前、古橋周辺案内図を見たときに一度、上ってみたかったのです。

観音堂への石段

観音堂への石段(杉葉?がたくさん落ちていました)

ということで今回は、観音堂に行ってみました。
まっすぐに続く石段を上っていくと、すぐに観音堂の建っている広場に到着しました。

観音堂

観音堂

清掃はしてありますが、普段誰も来ないからなのか、観音堂は扉が閉じられていました。
ちょっとガッカリですが、こういうこともあります。

そしてふもとの食堂兼温泉施設へ

道を戻るのは、つまらないので違うルートを通って下りました。
ふもとには、己高庵(ここうあん)という建物があります。

己高庵のエントランス

己高庵のエントランス

与志漏神社の駐車場から近く、館内には食堂と温泉施設があり、お土産も売っています。
去年、シーズン前に鶏足寺周辺をちょっと下見に来たことがありました。

お子様ランチ

そのとき、たまたま食堂でランチを食べたら、美味しかったので、今日も食べようと入ってみました。

しかし残念ながら、丁度時間切れとなってしまいました。
次回来たときのお楽しみにして、帰途に就きました。

あとがき

カエデとイチョウ

モミジカエデと言えば、秋の紅葉の時期がもてはやされますが、初夏の緑色に色づいているころも捨てがたいです。

むしろ誰も居ないので、静かに景色を楽しめます。

秋の紅葉の時期は、観光客が多すぎるので、人を見に行っているように感じることも、多々あるのです。

結局、秋の紅葉の時期にも、モミジカエデを見に行くのですけどね。
今秋はどこに見に行こうかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました