【岐阜】岐阜市の金華山と山麓城主居館跡 その1 (駐車場から岐阜城へ篇)

城郭めぐり
この記事は約3分で読めます。

岐阜県岐阜市(ぎふし)には、金華山(きんかざん)があります。
山頂の岐阜城はかつて、斎藤道三(さいとう どうさん)や織田信長(おだ のぶなが)の居城でした。

織田信長

ちなみに金華山のふもとには、発掘調査された織田信長居館跡があります。
信長といえばこれまで怖いイメージでしたが、客人を喜ばせるのが好きでよくもてなしていたそうです。

ということで、金華山に登ってきました。
十数年ぶりに馬ノ背登山道を登ったのですが、登山道が尾根筋から北側斜面へずれてしまったようです。

鏡岩緑地駐車場(岐阜公園第3駐車場)へ

まずは、岐阜公園の第3駐車場になっている鏡岩緑地駐車場へ向かいました。
岐阜公園のいくつかある駐車場のうち、一般車が無料で停められるのは唯一ここだけとなっています。

ということで丁字路「岐阜公園前」からは、国道256号線(長良橋通り)を北へ進みました。
長良橋の手前で側道へ入ったら、高さ制限2.5メートルの高架下をくぐり抜け、すぐに左折して長良川方面へ。

岐阜護国神社北側の道路が車両通行止めだったため急遽、進路変更しました。

鏡岩緑地利用案内
鏡岩緑地利用案内

長良川沿いの並木道に出たら右折してちょっと進み、河川敷の駐車場へ下りていきました。
鏡岩緑地駐車場は、長良川の増水によって水没するおそれがあります。

めい想の小径で丸山へ

さて岐阜公園の中に入ったら、御手洗池(みたらしいけ)の前を通って、めい想の小径登り口へ向かいました。
ちなみに御手洗池は、関ヶ原の戦いのときに岐阜城の奥女中たちが飛び込んで、帰らぬ人となった場所です。

めい想の小径を登り始めると、岩盤を削って道を通したようで、至るところが岩場になっていました。
ただ勾配は比較的緩やかなので、楽に登っていけます。

丸太階段を登って、旧伊奈波神社があったという丸山に着くと、烏帽子岩(えぼしいわ)が現れました。
さらに奥へ進むと、丸山頂上は平坦地になっており、石造りの祠(ほこら)があります。

馬ノ背登山道を登って

ということで、丸山からは馬ノ背登山道を登っていきました。
すこし岩場を登った先で二股道になっていましたが、右は緑色ロープで立入禁止なので、左へ進みます。

十数年前に歩いた馬ノ背登山道は、たぶん右の旧道だと思われます。

馬ノ背登山道めい想の小径と比べると、かなり急勾配で段差が大きくなっていました。
また森の中を通り抜けていくので、見晴らしはまったく望めません。

馬ノ背登山道の石垣
馬ノ背登山道の石垣

ひたすら馬ノ背登山道を登っていくと、途中に石垣がありました。
もしかすると岐阜城の遺構で、攻め込んでくる敵を迎え撃つために築かれたのかも知れません。

金華山頂上の岐阜城へ

さて石垣を過ぎると、遠くの方に金華山頂上と思われる光が見えてきました。
ただまだまだ険しい道が続くので、慎重に登っていきます。

山の頂上で叫ぶ

最後にコンクリート階段を登っていくと、ようやく大手道に合流できました。
めい想の小径のように遠回りせず、尾根筋をまっすぐに登ってきたからか、時間はあまり経っていません。

せっかくなので、金華山からの景色を眺めておきました。
すぐ近くには、岐阜城がそびえています。

つぎは金華山を下山します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました