【岐阜】岐阜市の金華山と山麓城主居館跡 その2 (岐阜城から岐阜公園へ篇)

城郭めぐり
この記事は約3分で読めます。

岐阜県岐阜市(ぎふし)には、金華山(きんかざん)があります。
ふもとには、発掘調査された織田信長居館跡があって、見どころのひとつとになっているようです。

ということで、金華山に登ってきました。
十数年ぶりに馬ノ背登山道を登ったのですが、登山道が尾根筋から北側斜面へずれてしまったようです。

金華山周辺地図
金華山周辺地図

岐阜公園から、馬ノ背登山道を登って、岐阜城天守近くまで登ってきました。

二ノ門跡から一ノ門跡へ

さて岐阜城天守からは、百曲り登山道下り口のある、ロープウェイ乗り場の方へ向かいました。
大手道をふもとへ向かって下っていくと、程なく下台所跡二ノ門跡を通ります。

さらに大手道の階段を下っていくと、馬場跡とよばれる平坦で細長い通路に差し掛かりました。
別名を「大下馬」ともいって、乗ってきた馬をつないでおく場所でもあったのだとか。

長い馬場跡を通り抜けた先には、一ノ門跡がありました。
一ノ門跡のあたりは発掘調査の真っ最中のようで、通路以外は立ち入りが禁止されています。

百曲り登山道下り口へ

一ノ門跡からも、さらに大手道を下っていきました。
冠木門をくぐると、目の前に休憩所「ろうぷ亭」が現れます。

ろうぷ亭でジュースでも飲みながら、しばらく休憩しようかと思ったのですけどね。
自販機を見に行くと、どれも観光地価格になっていたので、ジュースを買うのは止めておくことに。

百曲り登山道下り口
百曲り登山道下り口

リス村の前まで来ると、道は七曲り登山道(大手道)と百曲り登山道とに分かれていました。
今回は、十数年ぶりの百曲り登山道を歩いてみることにします。

ニホンリス

百曲り登山道を下って

十数年前に百曲り登山道を下った記憶では、緩やかな坂道がふもとまで続いていたのですけどね。
ところが登山道は荒れていて、至るところから岩が露出していました。

また登山道の処どころには、手すりのついた階段が設置されていました。
よほど段差が高くて、登り降りしづらいのかも知れません。

足元に気を付けながらひたすら下っていくと、最後は街なかへ出てしまいました。
むかしは岐阜公園の中に着いたので、ルートまで変更になってしまったようです。

岐阜公園へ

岐阜公園の南出入口
岐阜公園の南出入口

百曲り登山道登り口から、街なかを北へ歩いていくと、すぐ岐阜公園に着きました。
以前歩いた七曲り登山道登り口からと比べると、かなり近いです。

そういえば百曲り登山道の途中で、登っていく普段着の二人連れとすれ違いました。
七曲り登山道の方が登りやすいのですが、登り口の近い方を選んでしまったのかも知れません。

つぎは織田信長居館跡を見に行きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました