【滋賀】湖東三山のひとつ百済寺を訪ねて その2 (池泉回遊式鑑賞式庭園篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約3分で読めます。

滋賀県の琵琶湖の東側には、湖東三山(ことうさんざん)とよばれる、古くから続く 3つのお寺があります。
龍応山 西明寺松峰山 金剛輪寺釈迦山 百済寺がそれです。

紅葉の時期も美しいですが、人気(ひとけ)の少ない時期も、趣(おもむき)があって良いものです。
ということで、暖冬で雪がまったくない真冬の百済寺を訪れてきました。

百済寺坊跡分布図
百済寺坊跡分布図

百済寺の駐車場から石段を登って寺務所で受付を済ませ、お釈迦様が悟りを開いた木である菩提樹と、小野道風直筆と伝わる「下乗」の石碑を見たあとは、本坊の庭園に向かいました。

スポンサーリンク

本坊の庭園を回り縁から

本坊の庭園に入ると、すぐに回遊コース遠望コースの案内板がありました。
回遊コースは池の中に置かれた長い飛び石を、遠望コースは上へと続く石段を、進むことになります。

いつものように回遊コースを見て歩くことにしたので、池の方を見てみました。
今回は、建物の回り縁(えん)に座っている人も、池の向こう側を歩いている人もいないようです。

折角なので、ひとり回り縁に座って、しばらくの間、池泉回遊式鑑賞式庭園を眺めてみることに。
紅葉の時期のような色彩はないので華やかさはありませんが、何となく趣(おもむき)がありました。

庭園の池のほとりを回遊

ということで、池泉回遊式鑑賞式庭園を順路にしたがって、時計回りに回遊してみました。
鮮やかさはありませんが、石の白色と苔(こけ)の緑色とが相まって、そこはかとなく美しさを感じます。

また池に浮かぶ飛び石の上を歩くのも、ちょっぴりスリルのあるアトラクションのようです。
飛び石を渡っているうちに、何だか楽しくなってきました。

池

さて池を回って山の斜面の近くまで来ると、順路は一旦建物の裏手へと続きます。
裏手からは石段を登って、山の斜面に作られた庭園へと向かいました。

庭園の山側の不思議なせせらぎ

本坊の庭園は、池の周りだけでなく、山の庭園も至るところに大量の大石が配置されています。
またそこを通る道は、ほとんど石畳になっていました。

オアシスの水音
オアシスの水音

さて山側の庭園の中を歩いていると、不思議なことにせせらぎが、ほぼ等高線に沿って流れていました。
は自然界で普通、高いところから低いところへ、等高線に直交して流れるものです。

インドから中国を経て日本へ、仏教伝来に思いを馳せるため、「オアシスの水音」を再現しようと、せせらぎを人工的に造ったようです。

天下遠望台からの眺め

順路にしたがってすこしずつ階段を登り、次第に庭園の高い場所へと上がっていきます。
すると「天下遠望台」と名付けられた展望台に着きました。

天下遠望台の周りには、百済寺についての歴史が書かれた解説板などが、いくつも設置されています。

天下遠望台からの眺め
天下遠望台からの眺め

天下遠望台から景色を眺めると、太郎坊宮がある箕作山(みつくりやま)や観音正寺がある繖山(きぬがさやま)、霞(かす)んでいますがはるか遠くに延暦寺がある比叡山が見えました。

百済寺 天下遠望之図
百済寺 天下遠望之図

ちなみに天下遠望台には「百済寺 天下遠望之図」が設置されています。
山やまの特徴が、かなり大げさに描かれているので、まったく別の景色になっていました。

次は百済寺の本堂に向かいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました