【奈良】興福寺と奈良公園と東大寺に行った話 その3 (東大寺の大仏篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約3分で読めます。

久しぶりに、奈良市まで行ってみることにしました。
小学校の社会科見学で行って以来です。

前回は、奈良公園(ならこうえん)で鹿せんべいに群がるシカを見てきました。

スポンサーリンク

東大寺へ、いざ参る!

奈良国立博物館の北を通る大きな道路まで出て、東へ歩いていきます。
交差点「大仏殿」からは、北に向かって松並木の道を歩いていきました。

外国人観光客

やっぱり東大寺の大仏は人気のスポットになっているので、観光客がたくさん歩いています。
さらに最近は、外国の方も大勢いらっしゃるので、外国語も飛び交っていました。

金剛力士像(仁王像)

人々のあいだを通り抜け、2体の仁王像に守られた巨大な南大門をくぐり抜けました。
しかし、道はまだまだ続くようです。

華厳宗大本山 東大寺 公式ホームページ
華厳宗大本山 東大寺は天平15年(743)に聖武天&#...

大仏殿までの長い道のり

鏡池の横を通り、中門のところに作られた料金所で、入堂料を払って中に入りました。
するとすぐに、横幅いっぱいに広がって、大仏殿の写真を撮る大勢の人々がいました。

東大寺大仏殿

大仏殿の方を見ると、大仏殿の小窓?が開いていて、そこから大仏様の顔が覗いていました。
そんな光景はとても珍しいので、皆さんそれを写真に収めようとしているのでした。

自撮り棒

そのまま真っすぐ大仏殿の方には進めません。
仕方がないので、隙間を探して端の方へ行くと、ようやく前に進めました。

大仏様とお付きの2尊

大仏

大仏殿の中に入ると、当然のことながら、見上げんばかりの大仏様がいらっしゃいました。
テレビなどでよく目にしますが、やっぱり実物は一味違います。

思い違いをしていましたが、今まで大仏殿って、大仏様の像しかないイメージでした。

紳士とガードマン

しかし、大仏様の左右の少し下がった位置には、虚空蔵菩薩(こくぞうぼさつ)と如意輪観音(にょいりんかんのん)の像がありました。

考えてみれば至極当然ですが、お偉いさんはお付きの人を従えているのです。
すっかり忘れていましたが、さらに裏側へ回ると大仏様を背後から見られました。

柱の穴をくぐる人の長い待ち行列

待ち行列

さて、大仏殿の中を見学していると、壁ぎわにひときわ長い行列を見つけました。
何のための行列なのか、行列の先をたどっていくと、柱の穴に続いていました。

鼻

実は、その柱の穴をくぐるための行列だったのです。
一説では、大仏様の鼻の穴と同じサイズと言われていますが、定かではありません。

むかし、ボクが小学校の社会科見学で来たときは、柱の穴には誰も並んでいませんでした。
友達みんなでくぐりたい放題だったのですが、時は流れました。

大仏殿の外へ出て

修学旅行でお土産

さて大仏殿から出て、外の回廊を時計回りに歩いていくと、その途中にもおみやげ屋さんが!
大仏殿の中だけかと思っていましたが、そこも観光客が通るので、繁盛しているようです。

申し訳ありませんが、ボクの欲しいものがないので、素通りします。
東楽門(とうがくもん)から外に出ると、すぐに東の山へと続く道がありました。

山の上に登っていくと、お水取りで有名な二月堂があるようです。

たいまつ

ただもう、低い山でも登る気にならなかったので、止めておきました。
そして、あてどもなく石畳の道を北に向かって歩き出しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました