【滋賀】長浜市国友町の国友鉄砲の里を訪ねて その1(火縄銃と造り方篇)

火縄銃ともよばれる鉄砲は、室町時代(1543年ごろ)に鹿児島県の種子島に伝来しました。

それ以降、鉄砲は日本各地で作られるようになります。
特に近江国の国友村(くにともむら)や摂津国の堺、紀伊国の根来(ねごろ)が有名でした。

火縄銃

その中の一つである近江国の国友村は、現在の滋賀県長浜市国友町を指しています。
長浜市へ買い物に行った帰りに、久しぶりに国友鉄砲の里資料館を訪れてきました。

国友鉄砲の里資料館へ

国友鉄砲の里資料館の所在地はうろ覚えだったのですが、ある程度近くまで行くと、案内板が出ていました。

県道510号線から国友の集落の中に入ると、道がすこし狭くなるので、注意しながらゆっくりと進んでいきます。

国友鉄砲の里資料館

国友鉄砲の里資料館

さて国友鉄砲の里資料館の建物の前には、自動車 4台分の駐車スペースがあります。
到着したときには、たまたま自動車が無かったので、好きな場所に停めておきました。

ちなみに長浜国友郵便局の西側には、国友鉄砲の里資料館の第2駐車場があります。
基本的に大型バスを停めるための駐車場ですが、やむを得なければ仕方がありません。

まずは映写室で歴史のあらまし

国友鉄砲の里資料館の玄関

資料館の玄関へ

国友鉄砲の里資料館の玄関から入って、まずは受付で入館料を支払いました。

国友鉄砲の里資料館の個人入館券

国友鉄砲の里資料館の個人入館券

すると左側の映写室に案内されて、そこで短くまとめられた映像を見せてもらうことに。
その映像を見ると、国友の歴史のあらましが判ります。

さて上映が終わると、映写室の明かりが点きますので、室内の展示品を見られます。
展示品の中には火縄銃もありますが、花火に関連したものがたくさん見受けられました。

夜空に上がる花火

江戸時代中期以降は平和な世の中が続いたので、徐々に鉄砲製造の注文が減っていきます。
そのころから国友では、火薬の知識を生かして花火を作るようになったそうです。

鉄砲造りの作業風景

順路に従って次は、2階の鉄砲についての展示を見に行くことにします。
階段を上がると踊り場には鉄砲が、展示室への廊下には大筒が、すでに展示してありました。

鉄砲造りの作業風景

鉄砲造りの作業風景

さて展示室を奥に進んでいくと、鉄砲造りの作業場の風景が見られます。
段階を追って説明してくれるので、判りやすいです。

ちなみに奥の壁には愛宕神社の火伏せのお札も貼ってありました。
当時は消火設備なども不十分だったので、神仏に頼るしか無かったようです。

鉄砲の完成品とその造り方

展示室の左側の壁一面には、数十丁もの鉄砲がところ狭しと展示されています。
ただ長短の差こそありますが、どれもこれもあまり代わり映えしません。

それに比べると展示の下の方は、鉄砲の造り方などが段階ごとに示してあり、興味深いです。
鉄砲造りは分業制で行われており、次の 3つの職業があったそうです。

  • 鍛冶師 …… 銃身(銃弾が通る鉄製の筒)を造る。
  • 台師 ……… 銃床(銃身を受ける木製の台)を造る。
  • 金具師 …… カラクリ(引き金や火ばさみなど)や装飾金具を造る。
カラクリは危険なので、造り方の説明はありません。

鉄砲体感コーナー

鉄砲体感コーナー

火縄銃に触れてみよう

展示室の中央には火縄銃が置いてあり、実際に触れるようになっています。
火縄銃のカラクリ部分が取り外してあるので、もちろん撃ったりは出来ません。

ただ火縄銃を構えて写真を撮ったりすると、撮影する角度によっては面白いかも知れません。

つぎは 1階の展示室を見に行きます。

火縄銃ともよばれる鉄砲は、室町時代(1543年ごろ)に鹿児島県の種子島に伝来しました。 翌年には、現在の滋賀県長浜市国友町(ながはまし く...
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大