【福井】近江坂古道の終点である若狭町の闇見神社と三十三間山の登山口を訪ねて

神社仏閣めぐり
この記事は約4分で読めます。

以前、滋賀県高島市今津町(たかしまし いまづちょう)の酒波寺を訪れたとき、あたりを散策していたら偶然、近江坂古道の入り口を見付けました。

近江坂古道とは、滋賀県の酒波寺(さなみでら)とその寺領であった福井県の闇見神社(くらみじんじゃ)までを結んでいた山道です。
近江坂古道案内図

近江坂古道案内図(闇見神社入り口)

一旦は近江坂古道を登り始めてみたのですが、あまりにも遠いので、酒波寺に戻ることも考えて、かなり手前で引き返すことにしました。

【滋賀】桜の見頃が過ぎた高島市今津町の酒波寺へ その1 (日置神社篇)
久しぶりに福井県小浜市(おばまし)まで行って海鮮丼を食べようと思い、琵琶湖の北側を通って、国道303号線に向かっていたときのことです。 箱館山(はこだてやま)のふもとを通る県道534号線を走っているとき、ふと案内標識を見たら変わったお寺と神社の名前が載っていました。 案内標識に載っている...

ということで今回は自動車に乗って、近江坂古道の終点にある闇見神社に向かいます。

スポンサーリンク

酒波寺から闇見神社へは

山の中を通る近江坂古道を歩いていくと、闇見神社までかなりの時間を要しますが、自動車に乗っていくと、すぐに着いてしまいます。

実際には県道218号線を通ったので、すこし遠回りになりましたが、鯖街道の熊川宿を越えたところから山越えすると、近道のようです。

国道27号線に出たら右折して、敦賀の方へ向かいます。
道端に出ていた「三十三間山 登山道」の案内板に従って、山裾の道を進んでいきました。

三十三間山の登山口

三十三間山 登山道入り口

三十三間山 登山道入り口

さてまず最初に見つけたのは、「三十三間山 登山道入口」という看板です。

三十三間山(さんじゅうさんげんざん)は、近江坂古道の最後に越える山なので、すこしだけ寄ってみることにしました。

三十三間山登山道案内図

三十三間山登山道案内図

この場所には、三十三間山の登山客のために、2ヶ所の駐車場とトイレが用意されています。
第1駐車場には、すでに数台の自動車が停まっていました。

登山届を出すのは大事

登山届入れ

登山届入れ

三十三間山の登山道の入り口には、登山届を入れておく箱が設置してあります。
ボクは普段、かなり低い山ばかりに登るので、初めて見ました。

低い山でも何があるか判らないので、本当は登山届を出すべきなのでしょうね。

山登りする男性

なおそのとなりには、登山用の杖も置いてありました。
何だか気配りが行き届いているので、登山道もきっと整備されていることでしょう。

闇見神社の入り口

ただ今回は目的が違うので、目的地の闇見神社に向けて出発します。
さらに山裾の道を北に進むと、闇見神社の入り口に立ててある看板を見付けました。

看板の文字が向こうを向いていたので一度、通り過ぎてしまいました。

1台の自動車が、手水舎の手前で左に曲がって登っていくので、マネをします。
すると道が狭くて最後は急カーブでしたが、闇見神社の境内に到着しました。

闇見神社の境内

闇見神社には専用の駐車場がある訳ではなくて、境内に車止めが置かれ、5台ほどの自動車が停められるようになっているだけです。

道も狭いので、一度に多くの自動車が境内まで上がってくると、身動きが取れなくなるおそれがあります。

闇見神社の本殿

闇見神社の本殿

さて自動車を停めて拝殿まで来ると、すでに拝殿の前には 2台の自動車が停まっています。
拝殿の横を通り抜け、奥の本殿まで進んで参拝してきました。

とりあえず闇見神社を訪ねるという目的は達成できました。

あとがき

現在、闇見神社は若狭町成願寺(わかさちょう じょうがんじ)にあります。

そもそもは郷社だったそうなので、大むかしは三十三間山の登山口がある、若狭町倉見(わかさちょう くらみ)にあった可能性があります。

暴風雨

登山口の近くを川が流れているので、もしかすると大雨などで鉄砲水が発生し、闇見神社は一度流されてしまったのかも知れません。

大蛇が災いをもたらしたという伝説が残されているのは、過去の水害が後世に伝えられた場合が多いようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました