【滋賀】長浜市木之本町の呉枯ノ峰と田上山砦跡へ その2 (呉枯ノ峰を越えて篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約3分で読めます。

滋賀県長浜市木之本町(ながはまし きのもとちょう)には、呉枯ノ峰(くれこのみね)という山があります。
大箕山頂上の駐車場からならば、尾根続きの呉枯ノ峰まで、あまり登らなくても済みそうです。

ということで、気になっていた呉枯ノ峰まで登ってきました。
そのあとは一旦ふもとまで下りて、近くにある田上山砦跡にも登ってきました。

菅山寺最寄りの駐車場まで自動車で登ったあとは、尾根筋を登ったり下ったりしながら、呉枯ノ峰田上山砦跡との分岐点まで来ました。

スポンサーリンク

呉枯ノ峰頂上への道

呉枯ノ峰田上山砦跡との分岐点からは、歩く道のりの少ない呉枯ノ峰へ進みます。
すこし急勾配の上り坂が続きますが、すぐに終わって、あとはなだらかな坂道を登っていきました。

山の頂上で叫ぶ

植林地帯を歩いていると、程なく奥の木の幹に四角くて白いものが見えてきます。
近寄るとそれは登山コース終点の案内で、その近くには呉枯ノ峰頂上を示す標高札が立てられていました。

左右に分かれている道が薄っすらと見えますが、案内板は菅山寺を指すものしか見当たりません。
登山コース終点から、山を下っていくしかなさそうです。

いろんな名前でよばれる、呉枯ノ峰

呉枯ノ峰頂上
呉枯ノ峰頂上

さて標高札を見ると、呉枯ノ峰はさまざまな名前でよばれているようです。
「大箕山」や「見当見山」「クサビラ平」「白峯」なんてものも列記されています。

ただ大箕山というのは、菅山寺の山号になっている山で、菅山寺の北側の高みだと思っています。
むかしは山も寺も木之本町大見(おおみ)に含まれていたので、大箕山(おおみやま)とよんだのでしょう。

現在、菅山寺は余呉町坂口に、菅山寺の北の高みは余呉町中之郷になっています。

江戸時代の旅人男性

見当見山(けんとうみやま)は、北国街道を通る旅人が歩く方角の目安にしたのでしょうか。
あたりには山がたくさん連なっていますが、むかしの旅人は区別できたのかも知れません。

琵琶湖の北東にある山本山は、湖上からよく見えるので「見当山」とよばれていたようです。

二宮金次郎

そもそも呉枯ノ峰の「呉枯」は「榑子」に対する当て字で、「焚き木」を意味していると思われます。
かつては地元住民がこの山で、焚き木を拾い集めていたのではないでしょうか。

木之本方面へ下ることに

呉枯ノ峰から木之本方面へ
木之本方面への下り口

来た道を戻って田上山砦跡を見にも行けますが、同じ道を往復するのはあまり面白くありません。
このままふもとの木之本まで下りて、そこから田上山砦跡へ登ってみることに。

最初のうちは、緩やかな下り坂が続く木漏れ日の射す植林地帯を歩いていきました。
くもり空なのでまぶしさは無く、吹き抜ける風がさわやかです。

ところがしばらく歩いていると、あたりは鬱蒼(うっそう)とした森に変わりました。
処どころに倒木が横たわり、何度も進路を妨(さまた)げてきます。

雑草の生い茂る下り坂

さて斜面が次第に急勾配になってくると、雑草が道を覆うようになってきました。
辛うじて道は判りますが、雑草に水滴がついているらしく、ズボンのすそを濡らしていきます。

木の幹にコース案内板
振り返ってコース案内板

途中では、木の幹に取り付けられたコース案内板がある、開けた場所に出られてホッと一息。
ところがすぐに元の木阿弥です。

これまで以上に草木が生い茂り、身体の至るところを濡らしてくれました。
草木が視界を遮(さえぎ)るので、何が潜んでいるか判りにくいのも困りものでした。

さらにふもとへ下りていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました