【滋賀】長浜市木之本町の呉枯ノ峰と田上山砦跡へ その3 (木之本を歩いて篇)

超低山登山
この記事は約3分で読めます。

滋賀県長浜市木之本町(ながはまし きのもとちょう)には、呉枯ノ峰(くれこのみね)という山があります。
大箕山頂上の駐車場からならば、尾根続きの呉枯ノ峰まで、あまり登らなくても済みそうです。

ということで、気になっていた呉枯ノ峰まで登ってきました。
そのあとは一旦ふもとまで下りて、近くにある田上山砦跡にも登ってきました。

呉枯ノ峰田上山砦跡との分岐点から、呉枯ノ峰へ登ったあとは、そのまま木之本方面へ進み、生い茂る草木の間を途中まで下りてきました。

スポンサーリンク

ふもとの木之本への道

さて、なかなか終わりが見えなかった草むらの道もようやく終わって、先行きの見通しが良くなりました。
比較的歩きやすい道になりましたが、まだまだ予断を許さないようです。

ちなみに途中には、鉄塔が建っていたと思われるコンクリート製の土台が、2ヶ所ありました。
2つの場所は比較的近いので、無給電中継装置(無線反射板)が一対で建てられていたのかも知れません。

さらに坂道を下ってふもとが近くなってくると、左側に砂防ダムが見えました。
最後に低めの段差を下りて、林道を下っていくと、木之本の市街地に入ります。

田上山の登り口へ

呉枯ノ峰の登山口からは、歩いて田上山の登山口を目指します。
歩いたことはありませんが、田上山と思われる山が見えているので、適当に歩いてきました。

伊香高校の敷地は関係者以外立入禁止なので、グラウンドの外側を回って、川沿いの道を登っていきます。
すると溜池があって、そのフェンスに田上山砦跡を指し示す案内板がありました。

木之本小溜池
木之本小溜池

ちなみにこの溜池は「小溜池」といい、江戸時代に地元住民が 3年の年月をかけて作りました
頭に「小」の字が付いていますが恩恵は大きく、生活用水や防火用水、農業用水としても利用されています。

この溜池より奥へ 100メートルの場所には、大溜池があるそうです。
貯水量が少なくて、江戸時代の大火災では水が足りなくなったため、小溜池が作られました。

田上山登山口に点在する、石仏群

小溜池のすぐ隣には、林野庁が管理する田上山生活環境保全林の案内板がありました。
ところが残念ながら案内板はツタに覆われ、地図に至っては中心部分が割れています。

案内板には「遊歩道」とあるので、参考にしようとしたのですけどね。
仕方がないのでとりあえず、轍(わだち)の残る作業道のような幅広の道を登っていくことに。

見晴らしの良い場所まで登ってくると、道の両脇にはたくさんの石仏群が点在していました。
もしかするとこの道は、近くにある寺院の敷地なのかも知れません。

田上山のもう一つの登山道

観音寺と意冨布良神社
観音寺と意冨布良神社

さて点在する石仏群の間を歩いていると、左側眼下に古風な佇まいの建物群を見付けました。
奥には寺院の鐘つき堂が、右側には神社の本殿が見えるので、神仏分離を免れた寺社のようです。

よく見ると建物群の向こう側に、田上山の上へと続く道が見えました。
森に入っていくところには、丸太の階段も確認できるので、間違いありません。

天空の城

何だか向こうの道から登っていくのが、一般的なように思えましたが、ふもとから登り直すのは面倒です。
このまま続けて田上山砦跡を目指すことにしました。

さらに田上山を登っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました