【岐阜・滋賀】牛車が引き返した車返しの坂、隣国の人と寝ながら話せた寝物語の地

名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

旧中山道の岐阜県と滋賀県の県境付近には、「車返しの坂」と「寝物語」という、2つの史跡があります。

子どもの頃から、それぞれの謂(いわ)れについては、何度も聞いていたと思われます。
しかし場所が近いので、大人になるまでずっと、話がゴッチャになっていました。

ということで、久しぶりに見に行ってみました。

スポンサーリンク

現在の車返しの坂

車返しの坂
車返しの坂

国道21号線の交差点「今須」の近くには、旧跡「車返(くるまがえし)」があります。
地元ではむかしから、このあたりのことを「車返」とよんできました。

ただそれでは他所(よそ)から来た人が判らないので、「車返しの坂」ともよばれます。

現在、車返しの坂を上っていくと、突き当りに車返地蔵堂があって、行き止まりになっています。
車返しの坂は旧中山道の一部なので、つまり旧中山道が途切れていることになります。

旧国鉄東海道本線と国道21号線を通すために、山を削って 2本の切通が造られたことがその原因です。

車返のいわれ

さて古代の関所である三関(さんげん)の一つに、東山道に置かれた不破関(ふわのせき)があります。
長らく機能していたのですが、南北朝のころには、荒廃していたそうです。

旅人が荒廃した不破関で、一夜の宿を借りることもあったのでしょう。
都に「不破関に泊まると、板だけになった屋根から、月の光が漏れてきて風流だ」という噂が伝わりました。

牛車を牽くウシ

すると風流を自負するある貴族が、その光景を見ようと牛車(ぎっしゃ)に乗ってくることに。
地元の人びとは貴族が来ると聞いて、急いで屋根を修理してしまいました。

屋根が修理されたことを聞いた貴族が、牛車で引き返したのが、この坂だと言われています。

現在の寝物語の地

寝物語の地(美濃国と近江国の国境)
寝物語の地(美濃国と近江国の国境)

さて車返しの坂から国道21号線と東海道本線の踏切を横断して、滋賀県方面に進んでいきます。
すると、2つの石碑が立てられた、寝物語の地がありました。

子どもの頃に見たときは、ただ小川が流れているだけだったと思います。
ところがいつの間にか、小川に護岸工事がなされ、いろんなものが立てられてしまいました。

木曽海道六拾九次之内 今須
木曽海道六拾九次之内 今須(地形的に奥が今須村)

ちなみに歌川広重によって描かれた、浮世絵「木曽海道六拾九次」の今須宿には、寝物語の地である美濃国と近江国の国境(くにざかい)付近が描かれています。

建物に掲げられている看板に、「不破の関屋」と「寝物語由来」の文字が見られるので、どちらも地元では有名な話だったようです。

中山道は別名、木曽海道ともよばれたようです。

寝物語のいわれ

中山道の美濃国と近江国の国境には、今も小川が流れています。
その国境の小川を挟んで、両国の旅籠(はたご)が隣り合わせに建っていました。

美濃国近江国のそれぞれの旅籠に泊まった人同士が、壁越しに寝ながら会話できたそうです。
それが寝物語とよばれる由来とされています。

村

むかしは人口が少なく、集落と集落とは離れているのが一般的でした。
別べつの集落の旅籠が隣り合っていたのが、よっぽど珍しかったようです。

実は今須宿の東側には今須峠という、越えるのが大変な難所がありました。
西から来た人が手前の今須宿に泊まったので、旅籠が増えて、近江国まではみ出したのでしょう。

今須峠の東側の山中集落には、正式な宿場ではありませんが、間(あい)の宿があったそうです。

あとがき

車返しの坂寝物語について書き出してみたので、いろいろと情報を整理できました。
それによって、新しい発見もありました。

これからは、2つの史跡を間違えないで済みそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました