【人工ダイヤ】人工的に天然ダイヤモンドとまったく同じものが製造可能に!

独り言
この記事は約3分で読めます。

人工ダイヤモンドと聞いたら、小粒で黄色くて半透明のものを思い浮かべませんか?

宝飾などには使えないので、天然ダイヤモンドのカット工程などで出てくる、くずダイヤモンドと同様に、工業用ダイヤモンドにするしかなかったようです。

ダイヤの指輪

ところが数年前に、宝飾用ダイヤモンドを人工的に製造できるようになったそうです。
今朝(2018.12.16)のTBS「がっちりマンデー!!」でやっていました。

がっちりマンデー!!
TBS「がっちりマンデー!!〜日曜に勉強!月曜から実践!〜」公式サイト。毎週日曜あさ7時30分から放送。出演者:加藤浩次、進藤晶子
スポンサーリンク

実験室で成長したダイヤモンド

採掘する人

さてこれまで宝飾に使われるダイヤモンドは、地中を採掘して得られたものばかりでした。
これを天然ダイヤモンドといいます。

ところが数年前に、天然ダイヤモンドとまったく同様のダイヤモンドを、人工的に製造する技術が確立されたそうです。

実験室

このダイヤモンドのことを「ラボグロウンダイヤモンド(実験室で成長したダイヤモンド)」というそうです。

これが量産されれば、とんでもないことになりそうです。

天然ダイヤモンド=ラボグロウンダイヤモンド

研究する女性

このラボグロウンダイヤモンドを科学的に調べた結果、あらゆる面で天然ダイヤモンドと同じだったようです。

  • 化学式 ………… C(炭素)
  • 熱伝導率 ……… 高い
  • 結晶構造 ……… 立体的(同素体である黒鉛の結晶構造は、平面的です)
  • モース硬度 …… 10(最高)
  • 密度 …………… 3.51[グラム / 立法センチメートル]
  • 屈折率 ………… 2.42

鑑定士

ただ宝石鑑定士の方が見ると、天然ダイヤモンドの内部には若干のくすみがあるそうです。

そういった意味でラボグロウンダイヤモンドは、より純度の高いダイヤモンドと言えるかも知れません。

キュービックジルコニアは模造ダイヤモンドであり、似て非なるものです。
その化学式は、ZrO²(二酸化ジルコニウム)で表されます。

色付きのダイヤモンド

さらに自然界では滅多にお目に掛かれない、赤や青などの色付きのダイヤモンドも製造できるそうです。

今までは真っ赤なダイヤモンドといえば、とても珍しいので、途方もなく高額だったのですが、人工的にいくらでも製造できるとなれば、もうすこし値下がりしそうです。

ボクは関係ありませんが、投機を目的にダイヤモンドを購入して保有するのは、将来的に危ういかも知れません。

養殖真珠のように

アコヤ貝

ところで、アコヤ貝を使って真珠を養殖する技術を確立したのは、御木本幸吉(みきもと こうきち)さんという方です。

真珠というのは、古くは偶然の産物でしかなかったため、アコヤ貝が片っ端から乱獲されて、絶滅の危機に陥ったこともありました。

しかし御木本幸吉さんの努力のお蔭で、安定して真珠が採れるようになったため、アコヤ貝は絶滅の危機を免れたのです。

ラボグロウンダイヤモンドは、採掘するより安く製造できるようです。
天然ダイヤモンドを求めて、むやみに地中を採掘することも激減するのでしょう。

あとがき

日本において、ラボグロウンダイヤモンドを製造する技術を持っているのが、ピュアダイヤモンド株式会社です。

機械を操作する人

たいへんすごい技術なので、技術者の方は安全を考慮して、テレビには出演されていませんでした。

実はこの技術を使えば、その他の宝石も製造できたりしないのですかね。
ボクは宝石を付ける趣味はありませんが、これからの宝石業界にひと波瀾ありそうです。

Pure Diamond | ピュアダイヤモンド
ピュアダイヤモンドは日本初のラボグロウンダイヤモンド専門企業です。地球上で成長したダイヤモンドは不純物を含まず、ピュアで美しい輝きを放ちます

コメント

タイトルとURLをコピーしました