【反射防止】板ガラスやアクリル板の両面に貼るだけで、反射しなくなるフィルム

独り言
この記事は約3分で読めます。

最近は誰もがスマートフォン(以下、スマホ)を持つ時代です。
スマホには必ずカメラ機能が付いているので、誰でも簡単に写真を撮影できるようになりました。

ケイタイで撮影する男性

ただよく考えないで、ショーウィンドウの展示品や水族館のサカナなどを撮影すると、自分の姿が板ガラスやアクリル板に反射して、本当に撮影したいものが見えづらいことがあります。

過去に放送された TBS の「がっちりマンデー!!」を見ていたら、貼るだけで反射を防止するフィルムを紹介していました。

がっちりマンデー!!
TBS「がっちりマンデー!!〜日曜に勉強!月曜から実践!〜」公式サイト。毎週日曜あさ7時30分から放送。出演者:加藤浩次、進藤晶子

板ガラスやアクリル板は反射する

ショーウィンドウなどに使われる板ガラス、水槽などに使われるアクリル板は、一見すると透明です。
しかし透過率は 100パーセントではないので、光をすこし反射しています。

透過率とは、光が物質を通過する割合のこと。
透過率が 0パーセントならまったく通過せず、100パーセントならすべてが通過する。

反射

普段はあまり気にならないのですが、一方が明るくて他方が暗くなったりすると、途端に目立ちます。
たとえば夜に、明るい部屋の中から窓ガラスを見ると、部屋の中の様子が映るようになります。

ひとは見たいものだけを見るので、光の反射の割合が少なければ、まったく気になりません。
ところがカメラはそのような区別がないので、光の反射をすべて写真に反映してしまうのです。

蛾の眼と同じ構造のフィルム

そんな光の反射を防止してくれるのが、三菱ケミカル反射防止フィルムモスマイト」です。
板ガラスやアクリル板の両面に貼るだけで、その向こう側にある対象物がキレイに見えるようになります。

蛾

実はモスマイトの表面を拡大すると、肉眼では見られない無数のかなり小さな突起があるそうです。
この構造は、光を反射しない蛾の眼を参考にして開発されました。

すでに美術館博物館カーナビの画面にも採用され始めているのだとか。

三菱ケミカル

ちなみに三菱ケミカルは、三菱化学三菱樹脂三菱レイヨンが、2017年に合併して出来た会社です。
最初に社名を聞いたとき、三菱化学と似た社名だけどいいのかな?と思ってしまいました。

合併すると同時に、同じような場所に重複していた事業拠点をひとつにまとめ、合理化を図っています。

研究する女性

これまでそれぞれの会社で培ってきた化学技術を、上手く組み合わせることで便利な素材をいろいろと開発し、世の中に提供する総合科学メーカーとして生まれ変わりました。

あとがき

カーナビを見る女性

カーナビに限らずカーオーディオでも、日差しの具合によっては画面が見づらいことあります。
今後ますます採用されるところが増えると、ありがたいです。

ただ一番見づらいのは、朝日や夕日に向かって走っているときの交通信号なのですけどね。
日よけを下げすぎると見えなくなるので、いつも困っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました