【三重】大日堂五百羅漢のとなりの抹茶大福がクリーミーでとても美味しかった

グルメ
この記事は約4分で読めます。

以前、三重県菰野町(こものちょう)の湯の山温泉に、母を連れて泊まりに行ったとき、大日堂というお寺に立ち寄りました。

大日堂の五百羅漢

大日堂の五百羅漢

五百羅漢(ごひゃくらかん)像が、境内の小山の上つまり屋外に並べてあることで、有名なお寺です。

そのとき、大日堂の道を挟んで北側にある菓子所が、たいへん気になっていましたが、一泊旅行に行く途中だったため、暑い車内に和菓子を置いておけず、買いには寄れませんでした。

【三重】御在所岳と湯の山温泉に行った話 その1 (五百羅漢と椿大神社篇)
突然、母が湯の山温泉に行きたいと言いはじめました。以前から、そんな話はしていたのですが、つい最近まで母の体調が悪かったので、棚上げになっていました。しかし、母の体調が回復したようです。ということで、三重県の菰野町(こものちょう)にある湯の山温泉に行くことになりました...
スポンサーリンク

気になる御菓子処へ

古民家

ということで、大日堂五百羅漢のとなりにあるお菓子所「大昇軒」に行ってきました。

今回は三重県菰野町を通る国道306号線から、丁字路「朝明郵便局前」で南東に曲がって、県道616号線を道なりに進みました。

朝明川を渡った直後に、道が大きく右に曲がっていましたので、そこだけ気を付けました。

交差点「五百羅漢前」で東へ左折し、空いていた大日堂五百羅漢の駐車場に、車を停めさせてもらいました。

季節のお菓子所「大昇軒」

さて、季節のお菓子所「大昇軒」の店内に入ってみました。
お店の中は広いのですが、和菓子の入ったショーケースはレジの傍だけになっています。

囲炉裏

奥に進んでみると、ご贈答用の菓子箱がたくさん展示してあります。
さらに奥には茶室のような部屋があり、その真中には囲炉裏がありました。

その昔、お客さんを饗(もてな)すのに使ったのでしょうね。

国道303号線ができたせいで往来が少なくなり、店内の品揃えが寂しくなってしまったようですが、往時の賑わいをうかがい知れました。

もちろんお菓子を買いましたよ

さて、ショーケースの中の和菓子をいろいろと見ながら注文していきました。

いろいろ味を見たいので、5種類の和菓子を 2個ずつ、合計10個をお願いすると、ボール紙でできた無料の箱にきれいに詰めてくださいました。

元祖都饅頭

元祖都饅頭と名付けているだけあって、よほど自信があるだと思い買ってみました。
ただ白い和紙風の個装袋に入っているので、残念ながら中身は見えませんでした。

都饅頭

都饅頭とは、中身の餡があずき餡になっている拉(ひしゃ)げたなごやんと言った感じで、上に付いた黒ごまが良いアクセントになっています。

※なごやんとは敷島製パン(Pasco)の和菓子で、中身は黄身餡になっています。

こしあんの饅頭(黄)

ごく普通の小ぶりの饅頭で、こしあんつぶあんがあります。

こしあんの饅頭を食べたい気分だったので、黃色い皮の饅頭を選びました。
たぶんクチナシで色を着けているのかな?

つぶあんとこしあんの饅頭

こしあんつぶあんが、ひと目で区別できるように皮の色で分けられています。
こういう普通の饅頭も大事です。

鮎菓子

鮎菓子

鮎菓子とは、薄めに焼いたどら焼きの皮 1枚を 2つ折りにし、求肥をはさんだお菓子です。
もちろん、お店によっていろいろなバリエーションがあります。

このお店の鮎菓子は独特で、鮎が川の水面から飛び跳ねている様子を表しています。

鮎の尾びれのくるんと捻れた状態を維持するため、鮎菓子の皮が厚めにしてあります。
ただそうすると、口に含んだときの求肥の割合が減って、味わいが変わります。

ボクは、鮎菓子の皮がもっと薄いほうが好きです。

クルミ塩大福

クルミ

やっぱりクルミ塩大福で重要なのは、オメガ3脂肪酸たっぷりのクルミです。
クルミと餡のバランスが良くって、たいへん美味しかったです。

塩の山

なおクルミ塩大福には、沖縄の海塩「ぬちまーす(命の藻塩)」を使われています。
ただし隠し味なので、餡の甘みを引き立てはしますが、大して主張はしていません。

沖縄の海塩もいいですが、三重のどこかに伊勢神宮の御塩浜の塩のような、海塩ってないのでしょうかね?

抹茶(クリーム)大福

抹茶大福はぱっと見、セロファンの包みに抹茶と書かれたシールが貼ってあるだけなので、餅に抹茶が練り込んであるのかと思っていました。

しかしいざ食べてみて、あまりの美味しさにビックリしました!

抹茶クリーム大福

実はクリーム大福なので、抹茶をふんだんに混ぜ込んだクリームが中に入っています。
たぶん地元の美味しい菰野茶(こものちゃ)を使用しているのでしょうね。

あとがき

最初は、抹茶大福があまりにも美味しかったので、それを伝えるため、以前書いた記事の追記として書き始めました。

バランスボールで遊ぶ少年

しかし、書いている内に話がどんどん膨らんで、結局 1つの独立した記事になってしまいました。

そんな大昇軒の抹茶大福を、また是非買いに行きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました