【岐阜】関ヶ原町の松尾山に登って城跡を歩く その1 (駐車場から山頂へ篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約4分で読めます。

1600年の関ヶ原の戦いにおいて、小早川秀秋(こばやかわ ひであき)が陣地を置いたのは、岐阜県不破郡関ヶ原町(ふわぐん せきがはらちょう)にある松尾山(まつおやま)です。

小学生の頃に 1、2回ほど友達数人で、今須の平井集落の登山口から登ったことがあります。

先日テレビの地上波で、映画「関ヶ原」が放送されていました。
その中で、小早川秀秋の軍が松尾山に登っていたので、数十年ぶりに登ってきました。

スポンサーリンク

戦国ロードを通って松尾山へ

関ヶ原インターチェンジの北西にある交差点「関ヶ原西町」の混雑を緩和するため、数年前(2017年)に「戦国ロード」という名前のバイパス道路(広域農道)が出来ました。

そのおかげで松尾山登山口まで、集落の中のせまい道を通らなくても、自動車で簡単に行けるようになっています。

松尾山登山口には駐車場も整備されたようなので、そこまで自動車で行ってみます。
朝の 9時ごろに付いたのですが、すでに駐車場には 2台の自動車が停まっていました。

松尾山登山口

松尾山登山口

松尾山登山口

松尾山を散策する人のための専用駐車場に自動車を停めると、松尾山登山口はすぐ目の前にありました。

道幅が広いので、もともとは林道として整備された道なのでしょう。

グループでウォーキング

ただ最近は関ヶ原町が主催するウォーキングコースのルートにもなっているようです。
登山道には白い砂利が撒(ま)かれ、ひと目で判るようにしてありました。

なお登山者をおもてなしするため、地元住民によって竹製の杖も用意されています。

ゆるやかな林道をひたすら登る

松尾山登山道は途中で道が分かれるまで、ひたすらに林道を登っていきます。
林道は軽トラックが登れるように、道がゆるやかになっていますので、比較的ラクでした。

途中には城跡を思わせる野面積み風の石垣も造られています。

さて追分のあたりまで登ってくると、そのすこし先で林道と山頂へ向かう山道が分かれます

山道なので林道のように平坦な道ばかりではありません。
足元に気を付けて歩く必要があります。

【岐阜】関ヶ原町の松尾山を松尾口から、山中の荒れた近道を登ってみました
1600年の関ヶ原の戦いにおいて、小早川秀秋(こばやかわ ひであき)が陣地を置いたのは、岐阜県不破郡関ヶ原町(ふわぐん せきがはらちょう)にある松尾山(まつおやま)です。 先日テレビの地上波で、映画「関ヶ原」が放送されていました。 その中で、小早川秀秋の軍が松尾山に登っていたので、数十年ぶり...

山之神神社にお参り

林道から山道に乗り換えて歩き始めると、すぐに山之神神社の入り口がありました。
神社は小山の上にあるようなので、ちょっと見に行くことにします。

つづら折りの坂道を登っていくと、すぐに祠(ほこら)の裏手に着きました。

山之神神社の祠

山之神神社の祠

祠の脇を通って正面に回ってみましたが、特に由緒書などがある訳ではありません。
仕方がないので、すぐに登山道まで下りて山頂を目指しました。

新緑の景色の中を

あとは松尾山の山頂まで、しっかりと整備された明るい山道を歩いていくだけです。
坂道があっても大して急ではないので、あまり息切れすること無く登っていけました。

さて楽しく歩いていると前方に、小早川秀秋の黄色いのぼり旗が見えてきました。
ようやく松尾山の頂上に到着したようです。

 

次は松尾山の山頂を見て歩きます。

【岐阜】関ヶ原町の松尾山に登って城跡を歩く その2 (小早川秀秋陣跡篇)
1600年の関ヶ原の戦いにおいて、小早川秀秋(こばやかわ ひであき)が陣地を置いたのは、岐阜県不破郡関ヶ原町(ふわぐん せきがはらちょう)にある松尾山(まつおやま)です。 先日テレビの地上波で、映画「関ヶ原」が放送されていました。 その中で、小早川秀秋の軍が松尾山に登っていたので、数十年ぶり...

コメント

タイトルとURLをコピーしました