【岐阜】不破郡関ヶ原町の松尾山を越えて その4 (脇坂安治陣跡と自害峯の三本杉篇)

森の中を歩く二人 名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

岐阜県不破郡関ヶ原町(ふわぐん せきがはらちょう)には、松尾山(まつおやま)があります。
以前、松尾山の北東側ふもとにある松尾登山口から山頂まで登ってきました。

ということで、久しぶりに今須登山口からも松尾山に登ってきました。
松尾山の北側にはいくつもの史跡が点在しているので、訪ね歩きながら出発地点まで帰ります。

松尾山周辺地図
松尾山周辺地図

松尾山頂上から、松尾山城跡のめぼしい場所を一通り歩いてきました。

スポンサーリンク

松尾山頂上から山之神神社へ

さて松尾山頂上からは、松尾方面へ下っていきました。
「また、きてねっ」と焼き付けられた板の表面を見ると、山頂まであと少しだと書かれています。

松尾方面へ下っていく途中にも、山頂で見られたのと同様の土橋がありました。
土橋の左右両側は、やっぱり大きな堀切になっています。

土橋のほど近くには山之神神社があったので、久しぶりにお参りしてきました。
今須側にあった祠(ほこら)も、もしかすると山之神を祀(まつ)ったものかも知れません。

山之神神社から松尾山登山口へ

山之神神社の登り口からふたたび下り始めると、すぐに分岐点がありました。
ここからは案内板にしたがって、白い砂利の敷かれた林道をひたすら下っていくだけです。

他に城郭の遺構がないか探しながら、緩やかな林道を下っていくと、松尾山登山口に着きました。
そばには松尾山散策利用者専用駐車場があって、5台ほど自動車が停められるようになっています。

脇坂安治陣跡へ寄り道

松尾山のあとは、近くの脇坂安治陣跡(わきさか やすはる じんあと)を見に行くことにしました。
戦国ロードを渡ったら、藤古川沿いの道を名神高速道路の方へ歩いていきます。

藤古川は、上流の滋賀県米原市藤川周辺では「藤川」と呼ばれています。
藤川から流れてくる川なので「藤川川」と呼んだのがなまって「藤古川」になったと思われます。

名神高速道路に沿って西へ歩いていくと、脇道の入り口に脇坂安治ののぼり旗が立てられていました。
脇道を入っていくと、脇坂安治陣跡があります。

指揮をする戦国武将

脇坂安治は賤ヶ岳の七本槍の一人で、最初は浅井長政の家臣でしたが、その後主君を転々としました。
関ヶ原の戦いでは唆(そそのか)されて、徳川家康の東軍に寝返っています。

自害峯の三本杉

名神高速道路と東海道新幹線の下をくぐったあと、集落の中を歩いていると旧中山道に出ました。
ここからは旧中山道を、西へ向かって歩いていきます。

すると道端に、自害峯の三本杉を指し示す案内板がありました。
以前から一度、見に行きたかった場所なので、ちょっと寄り道していくことに。

天然記念物 自害峯の三本杉

丸太階段を登っていくと、意外に早く自害峯の三本杉の根元に着いてしまいました。
この木の下には、壬申の乱のおり自ら命を絶った大友皇子の首が埋まっているそうです。

壬申の乱とは、天智天皇の跡目をめぐって、大友皇子と大海人皇子の間で起きた皇位継承争い。
大友皇子は天智天皇の子、大海人皇子は天智天皇の弟でこのあと即位して天武天皇に。

さらに旧中山道を西へ歩いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました