【滋賀】野洲の穴場スポットをガイドのおじさんと回った話 その1 (錦織寺篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約4分で読めます。

以前、滋賀県野洲(やす)市の国道8号線を、京都方面に向かってドライブしていたときのことです。

御上神社(みかみじんじゃ)の横を通ったときに、急に三上山(みかみやま)の周辺を見て回りたくなって、交差点「御上神社前」で南東に左折したことがありました。

山

三上山は、滋賀県野洲市三上(みかみ)にある山で、別名「近江富士(おうみふじ)」とも呼ばれます。

標高は432メートルと、それほど高くはないのですが、姿かたちが美しいので信仰の対象になっています。

御上神社公式ホームページ | 近江富士三上山の麓、悠紀斎田記念御田植祭、近江の古社・御上神社ホームページ

気になる妓王寺の案内板を発見

さらに、丁字路「希望が丘口」で北東へ左折したところ、花緑公園植物園があったので散歩してみました。
しかし、花の季節ではなかったので散歩を切り上げて、別なところへ行くことに。

北の方角に再出発し、国道8号線、東海道新幹線とJR東海道本線ををくぐり、県道2号線に出ました。

運転する人(発見)

県道2号線で、たまたま妓王寺(ぎおうじ)の案内板を見つけたので、行ってみることに。
実は、以前から妓王寺が気になっていたのです。

美しい白拍子の悲しい物語

京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町にも、祇王寺(ぎおうじ)というお寺があります。
漢字は「祇」と「妓」で異なりますが、どちらも同じ女性、妓王に関係するお寺です。

今回は滋賀県のお話なので、妓王、妓女と書いています。

白拍子

妓王(ぎおう)とは、平安時代末期に平清盛(たいらのきよもり)の寵愛を受けた、美しい白拍子(しらびょうし)です。

妓王、妓女(ぎじょ)と仏御前(ほとけごぜん)にまつわる悲しい逸話が有名で、そもそもは平家物語の中で語り継がれてきました。

妓王寺を探してドンドン細い路地へ…

平清盛

大河ドラマ「平清盛」でも、この悲しい逸話が描かれていたようです。
ただし表記は、祇王、祇女です。

案内板にしたがって進みましたが、ドンドン道が細くていきます。
結局どこに妓王寺があるのか、分からなくなってしまいました。

実はすぐ近くまで行っていたのですが、駐車場がどこか判らなくて、ウロウロしていたのです。

浄土真宗木辺派の総本山へお参り

このままでは物足りないので、どこか別の場所に行きたいところです。

また車でウロウロしていたところ、これまた偶然、錦織寺への案内板を見かけました。
折角なので、ちょっとお参りしてみることにしました。

本山 錦織寺の門前
本山 錦織寺の門前

錦織寺とは、滋賀県野洲市木部(きべ)にある浄土真宗木辺派(じょうどしんしゅう きべは)の本山です。

ボクの家は、そもそも禅宗の曹洞宗(そうとうしゅう)です。
浄土真宗はそもそも詳しくないのですが、はじめて聞く宗派でした。

本山 錦織寺の絵地図
本山 錦織寺の絵地図

お寺の駐車場に車を停めて、すぐそこにあった錦織寺の謂(い)われが書かれた絵地図を見ていました。

錦織寺の案内をしてもらえることに

おじさん

すると突然、知らないおじさんが声をかけてきました。
他に錦織寺をお参りしている人はいなかったので、ボクのことが目に止まったようです。

これから先地元の野洲市で、ボランティアガイドをする予定なのだけど、ためしにガイドをしてみたいとのことでした。

これ幸いとばかり、おじさんの申し出に乗っかることにしました。

本山 錦織寺の境内
本山 錦織寺の境内

錦織寺は、本山だけのことはあり、境内が結構広かったです。

普通なら境内をぐるっと見てまわって終わりです。
しかし、おじさんのお蔭で、寺務所のお許しをもらって、本堂の中も見せてもらえました。

野洲市内の観光案内スタート

錦織寺の親鸞聖人の像
錦織寺の親鸞聖人の像

最後は、境内の茶所(休憩所)で一緒にお茶を飲みながら休憩しました。
地元野洲市出身の T.M.レボリューションの西川貴教さんの話などをして過ごしました。

このおじさん実は、野洲市役所の元職員の方だそうです。
本当は別の場所で、ボランティアガイドの人たちで集まって、野洲市内の名所を巡る予定だったそうです。

しかし、おじさんは遅刻してその人たちに会えなかったので、ボクのガイドを申し出たそうです。

軽トラック

妓王寺(ぎおうじ)にたどり着けなかった話をしたところ、軽トラックで先導してくれることになりました。

次回は、野洲市内の名所旧跡を巡った話です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました