【滋賀】野洲の穴場スポットをガイドのおじさんと回った話 その3 (兵主大社篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約2分で読めます。

以前、滋賀県野洲(やす)市をドライブしていたとき、偶然立ち寄った錦織寺(きんしょくじ)で、親切なボランティアガイドのおじさんと知り合いました。

おじさんに、妓王寺に連れて行ってもらったところ、おじさんに火が点きました。
夕方5時まで、いろんなところへ連れて行ってもらえることになりました。

スポンサーリンク

兵主大社の歴史は1300年以上で、境内は広大

つぎは県道32号線を北西へ、兵主大社(ひょうずたいしゃ)に向かいました。

兵主大社とは、滋賀県野洲市五条(やすし ごじょう)にある神社です。
その境内は、3万4千平方メートルとたいへん広いです。

兵主大社の由緒書
兵主大社の由緒書

建立されてから1300年余りの歴史をかぞえ、御祭神は八千矛神(やちほこのかみ)です。
なお、八千矛神とは、大国主神(おおくにぬしのかみ)の別名の 1つです。

兵主大社の境内への入場は無料ですが、庭園を拝観するには、料金が必要です。
なお、庭園の営業時間は午前9時から午後4時までです。

静寂な雰囲気につつまれる兵主大社の境内

兵主大社の楼門
兵主大社の楼門

兵主大社(ひょうずたいしゃ)の入口の大きな鳥居をくぐると、足利尊氏(あしかがたかうじ)が寄進したと伝えられる、立派な朱塗りの楼門があります。

兵主大社の参道
兵主大社の参道

さらに楼門をくぐると、楓の木立ちに囲まれた100メートルほどの幅広の参道が、拝殿まで続きます。

兵主大社の拝殿
兵主大社の拝殿

参拝される方が多いので、鈴を鳴らすための紐が3本も下がっていました。
狛犬も何かの願掛けでしょうか、紐で縛られていました。

兵主大社の拝殿越しの本殿
兵主大社の拝殿越しの本殿

なお、拝殿の奥にある本殿は、周りを塀に囲まれているため入ることはできませんでした。

秋にはライトアップされる庭園

兵主大社の庭園の入口
兵主大社の庭園の入口

また兵主大社には、国の名勝にしていされた庭園もあるそうです。

季節は秋、11月下旬ごろになると参道も庭園も紅葉がライトアップされ、多くの参拝客でにぎわうそうです。

着物でお参りする男性

参拝したその日は、行事が何もなく静かでしたので、心静かにお参りできました。

お腹が空いてきたので、昼食を取るため近くのイオンタウン野洲に向かいます。

次回も、野洲市内の名所旧跡を巡った話です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました