【岐阜】平成時代がもうすぐ終わるので、道の駅「平成」へ行ってきました

その他 観光旅行
この記事は約3分で読めます。

テレビを見ていたら、あと 2ヶ月ほど経つと平成時代が終わるということで、道の駅「平成(へいせい)」からテレビ中継がありました。

新元号「平成」の発表

そこは元号が「昭和」から「平成」に改められた当時、岐阜県武儀郡武儀町(むぎぐん むぎちょう)に「平成(へなり)」という地名があるということで、もてはやされたところです。

現在、武儀町は関市に編入されているので、「平成」も関市の中にあります。
今までまったく「平成」に行ったことが無かったので、一度行ってみることにしました。

スポンサーリンク

道の駅「平成」へ

道の駅「平成」へは、東海環状自動車道の「富加関」で下りて、県道58号線を北へ進むのが判りやすいと思います。

ただまだ東海環状自動車道は、「大垣西」と「関広見」の間がつながっていません。
「関ヶ原」から行くとなると一旦、一宮へ行くことになり、遠回りになってしまいます。

つめ切り

以前、関市にある「岐阜県刃物会館」の近くまで、一般道を通って行ったことがあります。
そこから県道58号線に乗り継いで行くことにしました。

大混雑の道の駅「平成」

さて曲がりくねった県道58号線を道なりに北上していると、道の左側に道の駅「平成」が見えてきました。

道の駅「平成」は、岐阜県関市下之保(せきし しものほ)にあります。

いざ到着すると駐車場は自動車がいっぱいなので、道を挟んで北側の駐車場に停めました。
道の駅の建物の前に行くと、広場も多くの人々で賑わっています。

魚釣りをする男性

なおあたりを見回すと、すぐ東側には津保川が流れていました。
津保川漁業協同組合があるので、遊漁証を購入すれば、夏場は川釣りが楽しめそうです。

フリーマーケット

フリーマーケット

まずは道の駅の建物のとなりに建っている「平成ふれあいドーム」に行ってみました。
その日そこでは、土曜日限定のフリーマーケット(蚤の市)が開催されていました。

お店がいくつか出店していたのですが、お客さんの姿がほとんどありません。

ちょっと一周、置いてあるものを見て回りましたが、ボクの欲しい商品がありませんでしたので、すぐに出てきてしまいました。

もうすこし人が多いと置いてある品物を見やすいのですけどね。

新元号を予想して投票

つぎにそのとなりの「日本平成村ふるさと館」に入ってみました。
おもな展示は、平成地区の紹介と、むかし使われていた道具についてです。

また床は正方形の木片が一面に敷いてあるので、歩くとポコポコと音がします。

投票箱

新元号を予想して、投票する箱も置いてありました。
当たった人は何かもらえるようなので、結構多くの人が投票しているようです。

ただボクは、どうせ当たらないだろうと思い、投票するのを止めておきました。

平成のおみやげ

では最後にそのとなりで、平成のおみやげを買って帰ることにします。
おみやげコーナーも駐車場と同様に、とても混み合っていました。

ふきのとう

店の中を歩き回っていると、母に頼まれたフキノトウのパックが売っています。
まだ小粒でしたが、まったく黒ずんでなくて美味しそうだったので、2パックを購入。

ついでにお菓子のお得パックも買いました。

道の駅「平成」で買った品物は、中身がしっかりと詰まっていたので、かなりお値打ちだと思われます。

近くのスーパーの商品は、中身がスカスカのことが多く、対照的です。

あとがき

新元号の発表

道の駅「平成」は、地名が現在の元号と同じことが売り物でした。
しかし新元号になったら、いったいどうなるのでしょうかね。

もし新元号と同じ地名の場所があったりしたら、話題はそちらに移ってしまいます。
ちょっと心配です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました