【滋賀】野洲市の三上山中段の道をぐるっと一周 その1 (花緑公園から打越経由で祠へ篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約3分で読めます。

滋賀県野洲市(やすし)には、「近江富士」とも呼ばれる三上山(みかみやま)があります。
これまでに御上神社側から表登山道・裏登山道を、花緑公園側から健脚向け・一般向けを登り下りしました。

気になるのは、三上山の中腹を一周する「中段の道」と名付けられた山道です。
きっと三上山が女人禁制の霊場だったころに、女性が回った信仰の道だったのでしょう。

ということで、三上山中段の道をぐるっと一周してきました。
折角なので途中、三上山頂上雌山にも登っています。

花緑公園ふるさと館下の駐車場へ

まずは三上山の東側ふもとにある、近江富士花緑公園の駐車場へ向かいました。
希望が丘文化公園の北にある、国号8号線の立体交差で南へ入って、しばらく道なりに進みます。

近江富士花緑公園の敷地に入ったら、駐車できそうな場所を探しながら、さらに南へ。
暑さを避けて早めに出掛けたので、ふるさと館下の駐車場に停められました。

ふるさと館下の駐車場からは、登山口を目指して舗装道路を歩いていきました。
トイレで用を済ませたら、いよいよ三上山登山口から登っていきます。

中段の道南回りへ

さて案内板にしたがって三上山頂上を目指していると、何の案内板もない上り坂がありました。
以前歩いて、中段の道への近道だと知っていたので、迷わず登っていきます。

すると、中段の道南回り中段の道北回りの分岐点にたどり着きました。
今回は、早めに裏登山道三上山頂上まで登るつもりなので、中段の道南回りへ進むことに。

中段の道南回りの案内板
中段の道南回りの案内板

中段の道南回りは、デコボコとして歩きにくく、処どころ踏み跡がバラけて判りにくい山道でした。
道に迷わないよう、手書きの案内板が至るところの木に括り付けられています。

打越から山頂方面へ

しばらく中段の道南回りを登り下りしていると、打越(うちこし)と呼ばれる鞍部にたどり着きました。
ここからは中段の道を一旦離れて、三上山頂上(男山)と女山に登ります。

まずは体力の有り余っているうちに、高低差の大きな三上山頂上を目指して歩き始めました。
すぐに現れる中段の道南回りの続きを横目に、木の根道を登っていきます。

裏登山道表登山道と比べて、勾配が緩やかで登りやすいはずなのですけどね。
木の根が張り巡らされた岩場を、ひたすら登っていくことになります。

裏登山道途中の祠

さて岩場を登っていると、分岐点に姥の懐(うばのふところ)への案内板がありました。
はじめて三上山に登ったとき見に行ったので、今回はそのとき通らなかった裏登山道の方を登っていきます。

姥の懐の大穴には、かつて三上山に棲んでいたオオムカデが、頭を突っ込んでいたのだとか。

裏登山道は、まだまだ険しい道のりが続いていました。
鎖のある急勾配の岩場があったり、手すりのある高段差の木の根道があったりします。

ようやく尾根筋にたどり着いて、のんびり歩いていると、小山のてっぺんに祠(ほこら)がありました。
しめ縄が古びていないので、大切に守られているようです。

さらに三上山を登っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました