【滋賀】三田村城跡と姉川古戦場を見てきました その1 (三田村城跡篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約3分で読めます。

以前、浅井長政(あざい ながまさ)の居城があった小谷城跡(おだにじょうせき)を見に、小谷山に登ったことがあります。

そのとき、清水道沿いに「三田村屋敷跡」の石碑を見かけました。
三田村氏の故郷について調べてみたら、普段よく通る滋賀県の姉川の近くにあるようです。

ということで今回は、三田村氏の故郷である三田集落(長浜市三田町)に行ってきました。

スポンサーリンク

いざ三田村氏の故郷、三田集落へ

三田集落へは、まず国道365号線を通り、姉川のすぐ北にある交差点「野村橋北詰」を西へ曲がります。
そして、県道271号線をしばらく西へ走ると、三田集落の中に入ります。

村

実は、道路の北側に「三田村城跡」の方角を示す木製の看板が立っているのですが、小さくて背が低く、しかもあちら(西)側を向いています。

確か近くに、せんべいの看板が立っているはずなので、それが目印です。

集落の中を通って三田村城跡へ

三田集落の中は道が狭く、道路の脇に水路が通っていますので、気をつけて通ります。

途中でクランクになっているし、宅配便の自動車が道を塞いでいたりしましたが、道を北へ進んでいくと、うまい具合に道路の東側に建っているお寺にたどり着けました。

三田村城跡の入り口
三田村城跡の入り口(もともとは、虎口でした)

お寺の入り口には、三田村城跡(別名、三田村氏館跡)についての看板が立っています。
なお現在、三田村城跡は伝正寺(でんしょうじ)というお寺になっています。

三田村城跡に建つ伝正寺

伝正寺の鐘つき堂
伝正寺の鐘つき堂

お寺に入って、まず目につくのは、土塁の上に建てられている鐘つき堂です。
ここには、もともと三田村城の櫓(やぐら)が建てられていたそうです。

伝正寺の本堂
伝正寺の本堂(屋根瓦がきれいなので、最近、葺き直したようです)

入り口から奥へ行くと、伝正寺の本堂があります。

郵便受け

本堂の入り口脇に置いてある銀色の四角いポストの中には、チラシが入っています。
三田村城跡と姉川古戦場について、詳しく書かれていますので、たいへん参考になりました。

三田村城跡の土塁

伝正寺の境内
伝正寺の境内(正方形の境内の周りには、土塁が残っています)

三田村城跡の周囲、60メートル四方には、北側を除いて、今なお土塁が残されています。

土塁の上は、歩けるように整備されていましたので、一通り歩いてみました。

公園の遊具

伝正寺の本堂のすぐ裏には、いくつかの遊具も置いてあります。
土塁は普段、子どもたちの遊び場になっているようで、とても歩きやすかったです。

鐘つき堂

なお、土塁の終点には、伝正寺の入り口の横にあった鐘つき堂があります。
土塁から境内に下りるときは、鐘つき堂の階段を使いました。

さて次は、姉川古戦場に行きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました