【岐阜】岐阜市と各務原市の境にある三峰山へ その3 (三峰山頂上から東尾根へ篇)

超低山登山
この記事は約3分で読めます。

岐阜県の岐阜市(ぎふし)と各務原市(かかみがはらし)の境には、三峰山(みつみねやま)があります。
尾崎南運動公園の駐車場を知らなかったので、すこし離れた蘇原自然公園から行ってみることに。

ということで、蘇原自然公園から三峰山に登ってきました。
とりあえず尾根筋を一周してみたのですが、登山道がいろいろと整備されているようです。

三峰山周辺地図
三峰山周辺地図

尾根筋を通って、三峰山頂上まで来ました。

三峰山頂上から竹やぶへ

さて三峰山頂上からは、来た道を戻ってもつまらないので、東の方角へ下ってみました。
はじめのうちは勾配が緩やかなので、踏み跡をのんびりたどっていくだけです。

ところがシダ植物の群生地を過ぎると、小石が大量に転がる長い急勾配の岩場が始まりました。
注意深く岩場を下ったあとは、勾配が急な斜面を谷あいへと下っていきます。

谷あいの小道を緩やかに下って竹やぶの中に入ると、タケに手書きの道案内が記されていました。
自動車教習所のクランクのように進むと、東尾根山神まで行けるようです。

山神の祀られた東尾根へ

道案内にしたがって竹やぶの中を進むと、すぐ東尾根への登り口らしき場所に着きました。
踏み跡が落ち葉で埋もれていますが、処どころにある道案内を目印に進みます。

竹やぶを抜けたら、しばらく横移動したあと、つづら折りの坂道を登っていきました。
急勾配ですが丸太階段はないので、足元を確認しながら登っていきます。

山神

ということで、大岩の点在する東尾根の上にたどり着きました。
近くには、大岩を人工的に組み合わせて造られた「山神」の祭壇があります。

東尾根から東登山口へ

さて山神にお参りしたあとは、なだらかな東尾根を尾崎方面へ歩いていきました。
ブナの木がどれも萌芽更新しているので、かつてはこのあたりでも薪や炭に利用していたようです。

しばらくすると道が二手に分かれており、東登山口への下り口がありました。
登ってきた道とは違いますが、面白そうなので下ってみることに。

ただあまり人が通らないらしく、急斜面に落ち葉が堆積していて、かなり滑りやすくなっていました。
おもに、東尾根にある山神祭壇への近道なのかも知れません。

あとがき

岐阜市と各務原市の境にある三峰山は、以前からずっと気になっていました。
これまでは、薄暗いような山道が山頂まで続いているだけだ、と思っていたのですけどね。

実際に登ってみると、登山道がしっかりと整備されており、至るところに案内板が設置されていました。
山中を歩いていると、たまに他の登山客とすれ違うこともあります。

トレッキングシューズ

三峰山には、今回歩いたところ以外にも、いろいろと登山道が整備されているのだとか。
これからも何度か登ってみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました