【岐阜】山県市富永のみやまの森を散策する その1 (駐車場から管理棟へ篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約3分で読めます。

岐阜県山県市富永(やまがたし とみなが)には、生活環境保全林「みやまの森」があります。
森の中には遊歩道展望台が整備されているので、自由に散策できるようです。

以前、同じ山県市内の大桑城跡に登ったとき、山頂から近くの山にある展望台を見付けました。
帰りにはじかみ林道を下っていると、運良くその入口を見つけたのですが、駐車場が無くて停められません。

調べてみると、それはみやまの森の中に設置された城山展望台のようです。
みやまの森には、来訪者用の駐車場もあるようなので、行って登ってきました。

スポンサーリンク

みやまの森の駐車場へ

みやまの森へは、国道256号線の交差点「美山大橋南」で北西へ曲がり、「みやまの森」と書かれた道路案内標識で左へ曲がります。

田園地帯の終わりまで行ったら、交差点でさらに左へ曲がって、そのまま山すそに沿って進みます。
すると、みやまの森第一駐車場に着きました。

日かげを探して自動車を停めに行くと、すぐ近くにはみやまの森の石碑がありました。
ちなみにみやまの森の「みやま」は、かつてここが美山町であったことに由来します。

美山町は、同じ山県郡の高富町および伊自良村と合併して、山県市になりました。

農業用のため池、南坂貯水池

南坂貯水池
南坂貯水池

みやまの森の第一駐車場のすぐ近くには、南坂貯水池がありました。
農業用のため池なので、地元の田畑を潤しているようです。

南坂貯水池は結構広く、池のほとりに遊歩道が整備されているので、自然の中を散策するのも良さそうです。
ボクが訪れたときには、親子連れが虫取り網を持って歩いていました。

ちなみに南坂貯水池での釣りは禁止されています。
北東側を除いて池岸が垂直になっているので、もし池の中に落ちると陸に上がりにくいからでしょう。

みやまの森案内図

みやまの森案内図
みやまの森案内図

第一駐車場の端には、みやまの森案内図が設置されていました。
展望台は城山展望台だけかと思っていたら、めいそうの展望台もあるようです。

たぶん城山展望台は、大桑城跡のある古城山(地元では、城山とよぶ)を眺めるための場所なのでしょう。
しかしめいそうの展望台は、何を見ながら瞑想(めいそう)するのかよく判りません。

ちなみに 2つの展望台の間には、植物の名前の付けられた遊歩道がいくつかあります。
花や紅葉の見ごろに訪れれば、いろいろと楽しめると思います。

無人の管理棟ときれいなトイレ

みやまの森管理棟へ
みやまの森管理棟へ

まずはそもそもの目的である、城山展望台に登りに行くことに。
登り口が管理棟の近くにあるようなので、ため池のほとりを奥へ歩いていきました。

ということで管理棟に着きましたが、建物の中はもぬけの殻で誰も見当たりません。
現在は管理棟とは名ばかりで、管理人は常駐してはいないようです。

ただそばにきれいなトイレの建物があったので、山へ入る前に用を済ませておきました。

次はみやまの森を歩いてきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました