【岐阜】不破郡関ヶ原町の明神の森を歩く その5 (林道経由でやすらぎの森へ篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約3分で読めます。

岐阜県不破郡関ヶ原町(ふわぐん せきがはらちょう)には、関ヶ原明神の森(以下、明神の森)があります。
関ヶ原町の北側の山の上にあり、生活環境保全林として整備された広大な施設です。

関ヶ原町に住んでいながら、つい最近までその名称どころか存在もまったく知りませんでした。
ということで、明神の森へ行ってみることにしました。

関ヶ原明神の森案内図
関ヶ原明神の森案内図(復元)

さかさ杉から来た道を戻って、どうだんの小道を登り、杖立明神明神神社にお参りしたあとは、休憩舎を見て、もみじの小道を歩き、眺望の丘まで来ました。

スポンサーリンク

さらにもみじの小道を歩いて

眺望の丘からは、分かれ道が下へ伸びていましたが、もみじの小道の途中なのでそのまま奥へ。
なだらかな下り坂が続いており、のんびりと歩いていけます。

分岐点(左奥)もみじの小道(右上)尾根筋
分岐点(左奥)もみじの小道(右上)尾根筋

さてもみじの小道の途中には、北の方へと続く尾根筋への分岐点もありました。
このときは分岐点だと気が付かなかったのですが、よくよく見ると尾根筋を歩いた跡が見えます。

すぐ右側に平らな道があるのに、なぜか丘の上を通っている場所もありました。
斜面の下から上がってきたまんさくの小道と合流すると、もみじの小道はもうすぐ終点です。

林道が通され短くなった、もみじの小道

というわけで最後は、つづら折りになった丸太の階段を林道まで下りていきました。
林道を通すために山が削られて、もみじの小道が短くなったので、付け足されたのでしょう。

振り返るともみじの小道の登り口には、明神神社を指し示す案内板が立てられていました。
ただここから丸太の階段を登って、逆向きに明神神社までもどるのは、けっこう辛そうです。

もっと楽に戻れる道がないか、とりあえず林道を下ってみることにしました。

道路工事中につき全面通行止めなのですが、なぜか道路の脇には、樹皮をむかれた丸太が大量に積まれています。

おあつらえ向きの明神車道へ

しばらく林道を下ってくると、入り口に「明神神社入口」と書かれた、おあつらえ向きの車道がありました。
明神神社まで自動車で行ける道なので、「明神車道」とよばれています。

自動車が通ることを想定して造られているので、きっと勾配はなだらかなはずです。
この車道を歩いていけば、明神神社まで楽にたどり着けそうです。

ところが明神車道を歩き始めると、すぐに左側奥の暗がりの中に、丸太の階段を見付けました。
車道を歩くのは楽でしょうが、やっぱり山道を登っていくことにします。

やすらぎの森を歩く

登り始めた丸太の階段は意外に長く、登っても登っても、なかなか終わりが見えてきませんでした。
設置されてからの月日も長いようで、処どころで丸太が朽ちて折れています。

分岐点(左)まんさくの小道(奥)眺望の丘(右)明神車道

ようやく登り坂が終わって一息つくと、目前のすこし下りたところで道が交差していました。
左へ進む道ははっきりしませんが、右へ進む道は歩きやすそうです。

まんさくの小道は、茂みを通り抜けると、道だということが判ります。

ためしに右へ下りてみると、斜面の下の方に明神車道だと思われる舗装道路が見えてきました。
舗装道路からの入り口には、「やすらぎの森」と書かれた看板が設置されています。

さらに明神の森を歩いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました