【TVゲーム】きっかけはバーチャファイターですが、未だにゲーム好きが止まりません

テレビゲームをする二人 テレビゲーム
この記事は約3分で読めます。

「ゲームってこどもがするもの。おとながするものではない」と、あなたはそう思っていませんか?

ゲームは、幼児を対象としたものから、大人を対象としたものまで、いろいろあるんですよ。

スポンサーリンク

うちの父は意外とゲームも好きでした

麻雀をするおじさん

ボクの父は晩年、2人打ち麻雀専用のゲーム機(画面は、小さく横長でモノクロの液晶)でよく遊んでました。

新幹線

そのゲーム機は、ボクが社会人になってすぐ、帰省の新幹線の中で暇をつぶすため、東京・渋谷の東急ハンズで買ったものだったんですね。

しばらく遊んで飽きたので、父にプレゼントしたのですが、10年以上にわたり遊んでいました。


[広告] 東急ハンズ ネットストア

ボクのゲーム好きは遺伝!?

肉まんを食べる男性

そういえば、子供のころ父がボクに、パックマン専用のゲーム機を買ってくれたことがありました。

ボクはある程度上手になるまで遊んで、あとは片付けておいたのですが、いつの間にやら父のものになっていて、暇があると遊んでいましたね。

遺伝の図

結局、操作スティックが壊れるまで遊んでいました。
ボクのゲーム好きは、父の遺伝かもしれません。

初期の家庭用テレビゲーム機って

友達の家

はじめて、家庭用のテレビゲーム機を見たのは、小学生のころに友達の家へ遊びに行ったときでした。
それは、現在のテレビゲームとは、くらべ物にならないほど性能が低い代物でした。

昔のテレビ

画面上を壁などで反射しながら移動する「点(ドット)」がボールでしたし、ダイヤルを回して操作する「線分(パドル/バー)」がラケットでした。

しかも、画面はモノクロでした。

あぁ、憧れのテレビゲーム機

そのテレビゲーム機ではもちろん、いくつかのゲームができました。

しかし、できるゲームは、真上からコートを見下ろす状態の、テニス、卓球やバレーボールといった、どれも「点」と「線分」を組み合わせただけの似通ったゲームばかりだったのです。

泣いている男の子

それでも、やっぱり欲しかったですね、憧れのテレビゲーム機。
買ってもらえませんでしたが・・・

はじめてバーチャファイターを見た時の衝撃

走る新社会人

というわけで、憧れのテレビゲーム機を手に入れられたのは、社会人になってからでした。
最初テレビゲームは、仕事に支障が出ると思ってずっと買っていませんでした。

バーチャファイターの画面

しかし、友達の家で3D対戦格闘ゲームの「バーチャファイター」をやらせてもらったら、どうしても欲しくなって・・・。

すぐさま、アパートの近くのゲームショップへ。

あとがき

「バーチャファイター」をすることが目的なので、はじめてのテレビゲーム機は、「セガサターン」になりました。懐かしいです。

この後、寝食を忘れて散々遊んだのは、言うまでもありません。

みなさん、ゲームはほどほどにしましょうね!(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました