【滋賀】浅井三姉妹も住んでいた小谷城跡に登った話 その1 (登り始め篇)

森の中を歩く二人 城郭めぐり
この記事は約3分で読めます。

ボクは「関ヶ原の戦い」で有名な岐阜県関ヶ原町(せきがはらちょう)に住んでいます。
関ヶ原町の近くって、歴史上有名な場所が、比較的多く点在しているのです。

今回は、滋賀県北東部の小谷城跡(おだにじょうせき)を登った話です。

小谷山周辺地図
小谷山周辺地図

小谷城跡ってどこですか?

豊臣秀吉

小谷城跡(おだにじょうせき)があるのは、滋賀県長浜市(ながはまし)です。

北陸自動車道を小谷城スマートインターチェンジで下りて、すぐ東側の小谷山にあります。国道365号線を走っていると、山の中腹に「史跡 小谷城跡」の看板を見られます。

もちろん城跡なので、建物はもうありません。

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の舞台にも

小谷城とは、戦国時代の武将である浅井長政(あざいながまさ)の居城だったところです。

浅井長政とは北近江の大名で、織田信長の妹、お市を妻に迎え、三姉妹をもうけました。
この三姉妹を浅井三姉妹とも呼びます。

市女笠の女

浅井三姉妹には、お茶々(のちの淀殿)、お初、お江(ごう)がいます。
この三女のお江を主役にしたのが、大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」です。

大河ドラマの人気のお蔭で施設が充実

過疎地の村の風景

この大河ドラマが放送されるより前に一度、小谷城跡を登ろうかと小谷山のふもとまで、行ったことがありました。

しかし、小谷城跡への入口などがよくわからず、そのときは引き返してしまいました。
ところが最近は違います。

大河ドラマの放送が始まってからは、「小谷城戦国歴史資料館」や「小谷城跡ガイド館 浅井三代の里」も建てられました。

大河ドラマの放送中やその直後は、たいへん混み合っていたのを覚えています。

小谷城跡ガイド館 浅井三代の里

ということで、分かりやすくなった小谷城跡を登りにいきました。

車は、「小谷城跡ガイド館 浅井三代の里」の駐車場に停めました。
国道365号線から「小谷城跡」の矢印にしたがって北に曲がってすぐのところにあります。

大河ドラマ「江」放映記念
NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」放映記念の碑と兜

駐車場のすぐ脇には、たいへん大きな兜(かぶと)の記念碑があります。
また、浅井三姉妹の顔出しパネルもあります。

まつたけ狩りの期間は通行禁止の追手道

小谷城の追手道入口
小谷城の追手道入口

登り始めてすぐの登山道の入口ところに、木製の板に通行禁止のようなことが書いてありました。

よく読むと「まつたけ狩りの期間中にその道を通ると、まつたけ泥棒とみなしますよ」というような意味で、その期間(9月15日~11月30日)も併記してありました。

たまたまその日は、まつたけ狩りの期間の1週間ほど前だったので、無事その登山道を通れました。

結局は同じ道に

もし、まつたけ狩りの期間中であれば、舗装された迂回道を通ることになります。
ただ、その登山道を登っても、結局は舗装された迂回路に出てしまうのですけどね。

すぐ近くに出丸への道がありましたので登っていって、織田信長の軍勢が攻めてこないか、確認しておきました。

次回は、金吾丸のあたりからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました